スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリランカの建築について その4 

FI93040_0E.jpg私の義兄Anura Ratnavibhushanaの師匠であるGeoffrey Bawaが設計したKandalama Hotelをご紹介しましょう。

このホテル、何がすごいかというと、環境へのインパクトが世界で最も少ないホテルのひとつです。緑の中にその存在を消したかのようにたたずむホテルでゴミや排水などの流出が極限にまで抑えられているホテルです。
Kandalama Hotel Dambulla, Sri Lanka

FI93040_1E.jpg緑におおわれたホテル外観。
意匠の人間にとっては夢のようなホテルでしょうが、我々設備電気の人間にとっては悪夢の建物。雨水排水は枯れ葉で詰まるでしょうし、完全な排水処理をするためにはメンテナンスを入念にしなければいけない。目には見えませんがそういうところに金と手間をかけなければ環境へのインパクトが少ない建物はできません。ところが、投資する方にとってみれば目に見える、金になる方に投資したがります。そういう意味ではこのホテルは英断を下したと言えますね。

FI93040_2E.jpgホテル客室廻りの階段

FI93040_3E.jpg回廊

FI93040_4E.jpgロビー

FI94905_0E.jpgFI94905_1E.jpgFI94905_2E.jpgFI94905_3E.jpgFI94905_4E.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://franklloyd.blog68.fc2.com/tb.php/99-2052f956

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。