スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリランカの建築について その3 

FI88483_0E.jpgWorld Architecture, Vol.8に私の義兄(*)の作品が紹介されています。ちょっと、紹介を。スキャンしたのでどうかな。スリランカのコロンボから車で30分のMoratuwa(モロトゥワ)というところに建設したウィークエンドハウスでした。でした、というのは売ってしまったんです。土日毎にこの家に移って暮らすのも飽きたみたい。まあ、面倒くさいですね。食料だって運ばないといけないし、プールの世話とか庭の世話(まあ4000坪あるから)とかやってらんないのでしょう。家は1軒で十分のようです。

FI88483_0E.jpg平面図
玄関(写真の図面上の階段部分)を入ってすぐ右側(図面上では左側)がメインベッドルームになっています。ここは何故かリングルームより一段低く作られています。たぶん、リビングルームのプール底面とベッドルームの床のレベルを合わせたのかもしれません。今度意図を聞いてみよう。

FI88483_1E.jpg立面図
家の中のプールは湿分がこもりますので、もちろんこのリビングはオープンコンセプト。以前泳いだ事がある、と妻は言っていますが、循環系のフィルター設備を持っていなかったので、掃除・水換えを頻繁に行わないと泳げる環境に保てなかったかもしれません。そうなると池って事。

FI88483_2E.jpg外観(正面)
コンセプトはオープン。オープンたって、これはどこからでも入る事ができる家です。泥棒はいる事はいるのですが、塀に守られている、近所の人も何かあったら教えてくれる、あまり気にしないというわけです。スリランカですからね。インドじゃありません。インドだったらこうはいかない。

スリランカ・インドなど南アジア諸国の在留日本人の方の中には、泥棒に入られる、メイドに盗みをされる、などという被害に遭われる方もおります。そういう方に会ってみると、最初からメイドや運転手を泥棒と思って使っている。そうなるとマスターがそう見るのだから。。。という事です。何事も偏見と先入観は持たない方がよろしい。何かの意見を聞いたなら、それがその人の偏見と先入観に基づくものか、事実に基づくものか判断しないといけませんね。私は、1985年以来ほとんど海外出っぱなしですが、その間バカが幸いしたのか、何でも人を信じる癖が幸いしたのか、一昨年、中国の珠海で携帯電話を盗まれた意外はただの1回も何か盗まれたってえ事はありません。

FI88483_3E.jpg外観(背景)
こちら側が玄関。外観はさっぱりと余計な装飾無しです。中国人の家だとゴテゴテ飾って、そんなに他人に見せたいの?という感じです。金を使うなら内部と設備電気に使えばいいのに。金の使い方を知らない、って、まあ、ひとつの物の見方ですが。。。

(*)義兄-Anura Ratnavibhushana
(**)-Ratnavibhushana House
(***)-The Tropical Asian House

FI88544_0E.jpgリビングルームとプール(玄関側から)
リビングルームから水場が見える、というのは湿気対策をキチンとしていれば、これほど和む環境はありません。この水が流動していればもっと良かったのでしょうが、この建物の建築時点では、メカニカルのエンジニアの私はまだカミさんと結婚していなかったので、"Somethig to say..."と言うわけにはいかなかったという事。この池の採光は、なんと池の上部が屋根無し、通通(つうつう)で木材のメッシュ(格子)張りになっています。雨の日には、多少雨が池に降り注ぎます。豪雨の時は、ちょっとうるさいです。ただし、木材の格子でそれほどでもありません。

FI88544_1E.jpgプールとペントハウスへ登る階段
リビング側から外階段を見た写真です。階段下の出入り口の外はもう庭。夜パーティーなどの際は、出入り口の両脇にくぼみにランプを置いてライティング効果を出します。画面を横切っている樹は。。。樹です。つまり、家の中に、元から生えていた樹を残している、という事。

FI88544_2E.jpg階段
これは階段ですが、屋上からペントハウスに上がる階段です。外階段に続いています。残念ながらペントハウスの写真はありません。

FI88544_3E.jpgリビング2
リビングをダイニング側から見た写真です。奥の方に見える入り口はメインベッドルームへのもの。これで、土曜日曜に、ジントニックでも飲みながらボケーっとしていられたら、極楽でしょうね。

FI88544_4E.jpgリビング3
池上部のメッシュがよく見える写真。まあ、雨音を聞きながら、そうそう「雨音はショパンの調べ」でもかけますかね。え?クラシック?ピアノよりハープシコードの方がいいかな?バッハのハープシコードならなんでも。それで、ジントニックを。。。ジントニックの夢ばっかり?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://franklloyd.blog68.fc2.com/tb.php/98-8e3a6bcf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。