スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリランカの建築について その1 

FI76798_0E.jpgスリランカの建物、プライベートハウスは、外観はきわめてシンプルですが、内部はとても居心地が良い常夏とはいえ、雨期と乾期が交互に来るモンスーン気候です。建物の外観にコストをかけず、内部をいかに快適にするかがスリランカの建築の特徴です。ただし、最近の成金の家はシンガポールの成金住宅のように余計な装飾が多いのですが。風通しがいい。自然換気というファンなどの機械を使わないポリシーで設計します。

FI76798_1E.jpg7年前、シンガポールにおりましたが、住んでいたコンドミニアム(日本のマンション)は、4階建て、10ユニットで、それぞれエレベーターが着いていて、32戸の小さな物でした。そこの付属のプールは、12m×15mで、最深部で3.5m、最浅部で1.2m。非常に快適なプールでした。誰も泳いでおりませんから。。。

FI76798_2E.jpg私はプールの設計も致しますが、プールに最新式の濾過装置を導入するのは賛成ではありません。プールの濾過は、最近では、イオン交換樹脂を使ったり、逆浸透膜、紫外線照射を使ったり、最後に塩素を多量に投入します。これでは、泳ぐのに快適な水質を作る目的からはずれ、設計・施工の担当会社がなるだけ水を純粋に濾して、殺菌して、責任を逃れるために重装備にしているような気がします。

FI76798_3E.jpg古代からの砂濾過(細かい砂や砕石の層を通して水を濾過する方式)が好きなんです。泳ぐのに、イオン交換も逆浸透膜も、紫外線も塩素も必要ありませんからね。自然な甘い味のある水が欲しいのであって、健康に問題なく眼病なんかが蔓延しない程度なら、多少の細菌がいたって構わないと思います。日本の清潔主義も病的かもしれませんね。自然なプールの水って甘いのです。

スポンサーサイト

コメント

プールの味

甘いんですか。ほぉ。そういえばプールの水ってどうしても口に入るものなのに味についてのコメントって初めて目にしたような・・・。今住んでるマンションにもプールがあるけどどんな消毒をしてるかなんて知らないなぁ。どんな味かも知りません。(子ども達だけ会員なので私は泳いだことないのです。)一度、3日間閉鎖になったときに「薬を入れてる」みたいな説明をされたけど。
娘たちが通う小学校で利用してるプールは塩辛いそうです。塩素がないから塩で消毒してると聞いたのですが、そんなのあり???

プールの計算は入場者をプール表面積(㎡)=(人)、遊泳者をプール表面積(㎡)÷3=(人)で計算します。それで、プール表面からの蒸発量と溢水量で補給水量を決め、循環水量を決定します。循環水量・補給水量が決まれば、フィルターのサイズ、塩素投入量が決まります。
が、
日本のプールはこれ以上の入場者・遊泳者の場合もあって、補給水が多くなるものですから、塩素を人力で投入する場合もあります。で、塩素臭い。。。
遊泳者が少なければ塩素を投入する必要もなく、濾過するだけで水質が保てます。ガキと女性が多いプールは経験上汚れ方が激しく、尿素(小便)も増えます。。。_| ̄|○
塩素を入れないプールの水は、元水が軟水か硬水かによりますが、甘い場合もあるということに。。。
塩プール?!塩に殺菌作用があるとは思えません。気分の問題?!塩素はイオンになって殺菌できますが、塩=塩化ナトリュームはイオン化しないので殺菌されないような。。。濃度が高ければ死海と同じで生物(雑菌)が住めない状態になるのでしょうがねえ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://franklloyd.blog68.fc2.com/tb.php/96-8db6f74f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。