スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本核武装への疑念相次ぐ 

日本核武装への疑念相次ぐ「中国が懸念」とヒル次官補
 「中国は日本の核武装化を心配していないのか」「心配している」。
 北朝鮮のミサイル発射問題が議論された20日の上院外交委員会では、日本の独自核武装の可能性をめぐる質問が、議員から続出。先週訪中した6カ国協議米首席代表のヒル国務次官補は、中国当局が日本の核武装に強い懸念を抱いていることを明らかにした。
 技術的、財政的に核開発が可能とされる同盟国日本の軍事大国化への疑念が、議会内にあることを象徴するやりとり。日本の閣僚が敵基地攻撃に関する議論の必要性を指摘する中、小泉純一郎首相の靖国神社参拝で不信感を強める中国がより疑心暗鬼になっている実態も浮き彫りになった。
 共和党のボイノビッチ議員は「(発射が)先制攻撃や憲法改正、核開発の可能性を議論している日本の政策決定に影響を及ぼすのか」と質問。次官補は「(中国側との)非公式なやりとりでは日本への非難が相次いだ。日本への強い懸念表明もあった」と答えた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://franklloyd.blog68.fc2.com/tb.php/83-937a050e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。