スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「mixi疲れ」を心理学から考える 

「mixi疲れ」を心理学から考える
 SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)「mixi」で頻繁に日記を書き、多くの「マイミク」と交流している人が、コミュニケーションに疲れ切ってmixiを突然辞めてしまう――「mixi疲れ」とでも呼ぶべきこんな“症状”が、一部のmixiユーザーに見られている。
 自ら好んでmixiに参加し、コミュニケーションしているはずなのに、辞めたいほど疲れてしまうのはなぜなのだろうか。SNSのコミュニケーション心理に詳しい野村総合研究所上席研究員の山崎秀夫さんに聞いた。

●やめられない、止まらない
 「日記を書いてから5分以上レスが付かないとそわそわします。病気かもしれません」――mixiユーザーの中村初生さんは自らを「mixi依存症」と認め、2004年のある日記にこう書いた。当時の中村さんは、ほぼ毎日日記を書き、友人からのコメントにも欠かさず返事していた。
 mixi日記は、ユーザーによっては、一度書き始めると止められなくなってしまう。日記へのコメント機能やアクセス履歴を表示する「あしあと」機能が、ユーザーに「快感」を引き起こさせるためと、山崎さんは説明する。
 自分の日記にあしあとやコメントが付くと、周囲から認められたという「認知欲求」、自分を受け入れて欲しいという「親和欲求」が満たされ、それが快感になるという。好意を持っていたり、尊敬している相手からあしあとやコメントが付くと、さらに高い快感が得られるため、快感を求めて日記を更新し続けるという“中毒”症状につながる。
 加えて「好意の返報性」も働く。人から受けた好意に対して同じだけの好意を“お返し”し、心のバランスを保とうとする作用で、mixi上では、自分のページにあしあとをつけたり、日記にコメントをつけてくれた人に対して、あしあとやコメントを返そうとする行為として現れる。これによって相手にも好意の返報性が働き、自分の日記にコメントやあしあとが付きやすくなるため、応酬がエスカレートしていく。
 つまり「コメント欲しさに日記を書く」→「コメントが付いて嬉しくなる」→「コメントをくれた人の日記にもコメントを返す」→「自分の日記へのコメントが途絶えると、コメント欲しさに新たに日記を書く」──というサイクルが際限なく続くのが“mixi日記中毒”の正体と言える。
●マイミクは「社章のようなもの」
 友人同士をリンクで結ぶ機能「マイミクシィ」(マイミク)が、この応酬をさらにヒートアップさせる。ユーザーは、別のユーザーにリンク申請して承認されると、自分の「マイミクシィ一覧」上に相手が表示される。マイミクはいわば、友人である証だ。
 山崎さんは「マイミクは、社章のようなもの」と言う。社章を付けた人は、その会社の社員であることを強く意識し、社員としてのふるまいを強化する傾向があると考えられている。A社の社章を付けた人は、より「A社の社員らしくふるまおう」と意識するといい、社会心理学で言う「役割効果」が発揮される。
 マイミクも役割効果を持っているという。マイミク登録・承認することにより、「私はこの人とマイミク(=友人)なのだから、友人らしい振る舞いをしなくては」と意識するためだ。
 mixi上では、あしあとを付けたり、日記にコメントすることが友人らしいふるまいとなる。少数のマイミクだけと付き合っている間は問題ないが、見知らぬ人や1度きりしか会ったことがない人など「にわか友達」をマイミクに加え始め、全員のページにあしあとやコメントを付ける――という作業を繰り返していると、だんだん無理が出てくる。
 見知らぬ多数のマイミクと親しく振る舞おうとする努力は、飲食店店員の笑顔のようなものという。当初は、少ない客に対して心からの笑顔を見せていた店員も、客が増えて忙しくなるにつれ、笑顔が義務化し、笑顔を作ることに疲れ、ストレスをためてしまう。関係が薄いマイミクにあしあとを付け、コメントを付けては疲れるという“mixi疲れ”の症状も同じ構造だ。
●“mixi疲れ”から抜け出すには
 mixi疲れから脱却するためにはどうすればいいのだろうか。山崎さんは、(1)mixiは土日だけしか使わない、といった自主規制ルールを決める、(2)マイミクの数を整理する、(3)会ったことがないマイミクと会う機会を作り、自分と合う人か見極める――といった解決策を提案。最終的には、ユーザーの精神的な自立が必要と説く。
 とはいえmixiは、職場や近所などリアルなコミュニティーの付き合いが希薄となった現代で、その枠を超えた“社交”を可能にし、日々のストレスをいやしてくれるツール。その意味では「国民栄誉賞もの」と山崎さんは評価する。
 mixiをコミュニケーションツールとして気持ちよく使うためには、依存からの脱却は不可欠だ。米国で9000万ユーザーを集めるSNS「MySpace」では、SNS依存についての議論が始まっているという。日本でも、真剣に考えるべき時が来ているのかもしれない。

この記事に関する2ちゃんのレスポンスは以下の通り。これを読むとこのコメントを書いている人間達が少々怖い気がする。

ミクシを見たことも誘われたこともない俺は勝ち組
すぐやめた俺も勝ち組
mixiつまんね。
他人どうでもいい。
よくよく考えたら赤の他人の日記なんて誰が読みたいものかね。
mixiはネット馴れしてない人が多いよな。誘われてROMってただけだが、馴れ合いばっかで面白くもなんともなかった。
おれはmixiと2ちゃんねるで人格が変わる。
足跡昨日はうっとしいね。確かに。
こっそり読みたいときもあるのに。。
なんかログインしづらいんだ、
ログアウトしてから何分以内とか表示されるし。。。
ミクシだと変にいい人ぶって、
そのストレス発散の為に、
2CHでホンネ書きまくる。
だってミクシに「朝日氏ね!」とか書けないもん。
タテマエだけを書き続ける日記なんてストレスたまるんだろうな。。。
mixiってコテハンばっかなの?
2ちゃんの気楽さが楽でいい。
Mixiはちょっとね息が詰まる感じというか。。。
何かマメに日記更新してたらコメントくれるの女性ばっかになった。
やっぱこういうのは女性の方が得意みたいだな。
その気になれば彼女とかも作れるんじゃね?
突然辞めるのは分かるかも。
ってかそうやって突然辞めれるからいいんじゃね?
オレもそろそろ飽きてきた。
女は派閥がダイスキだからw
こういう閉鎖的な空気を好む
mixiで日記書いてるのは自分大好き女が多いね。
コメントうぜーから全員に「死ね」と言って退会した俺がきましたよ
一時チャットやメッセにハマった事があったが
2chみたいに垂れ流しが一番楽
ある意味、2chの方が精神面で健康だと思う。
他人の日記にコメント書いたら負け。
ただ覗くだけでスルーするのが正しい。
もちろん自分の日記書いたら負け組。
サイトに個人情報を垂れ流して、
第三者に趣味嗜好が蓄積されている危険性を認識してるのかな
Mixiスレだと大体、否定的なレスが多いんだが、
そんなにねらーとMixiは相性が悪いのか?
両方エンジョイしてるやつって少数派?
日記にコメントとか小学生の交換日記じゃねーかよ
世間臭を感じるからでしょ。
mixiは一般コミュニティで、匿名性もほぼ無いから、
世間体で成り立ってる。
一応、匿名性があり、
発言者と発言内容が乖離してるから本音や適当を言える
2chに慣れきった人はそういうのが煩わしい。
世間に対する付き合いと、
適当いえるフランクな場の両方を使える人はいいんだけど、
バランスの無い人はどっちかに傾くね。
匿名性というか、発言が自分自身に返ってくる割合は

一般社会 > mixi > HP = 一般blog >> ネトゲ >>>> 2ch

2chとmixiは醸成されてる文化が違う。
自分を知られたい奴と知られたくない奴の対立なのか?
だから2ちゃんぐらいが調度いいんだよ。
レスは気になりゃチェックして、
レスに返さなかったとしても罪悪感ないし、
煽られても蟲すりゃいいし。
2chは好きだけど2chの怖さを知ってるからこそ、
HPもblogも突き抜けた事を書けないってのはあるね。
一般サイトで一番会いたくないのは
他ならぬ2chねらーだったりする。
さっきミクシィの複垢で俺の知り合いをひたすら探ってきたんだが
超一流企業に内定してるやつばっかで萎えた
あいつらとはもう会えないぜ
俺も突然辞めた派。
最後にマイミクの秘密の掲示板みたいなのを
他のマイミクに送って人間関係破壊w
リアル友人はマイミクに招待しなかったんで
マイミクは趣味友だけだったがな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://franklloyd.blog68.fc2.com/tb.php/79-30469ddc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。