スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヌラダプーラ - ジェータワナラーマヤ大塔 

CIMG1552あれ?この写真はジェータワナラーマヤ大塔(Jetavanaramaya dagoba)だったか、アバヤギリ大塔(Abhayagiri Dagoba)だったかな?

ジェータワナラーマヤ大塔(Jetavanaramaya dagoba)でしたね。アバヤギリ大塔(Abhayagiri Dagoba)の写真がどこかにいってしまいました。ジェータワナラーマヤ大塔(Jetavanaramaya dagoba)は現在ユネスコの援助で修繕中です。ルワンウエリサーヤ(Ruwanwelisaya Dagaba)大塔を囲む象のレリーフもそうですが、修繕してしまうと真新しくなりすぎて、日本人の寺院に対する古びを感じるわびさびから遠く離れた印象になってしまいます。スリランカ人、欧米人はこれを見てありがたがっているのでしょうがありません。多少朽ち果てているのが良いと思うのですが。

ジェータワナラーマヤ大塔(Jetavanaramaya dagoba)はトップの傘蓋が朽ち果てておりますが、それでも高さ70mあります。ルワンウエリサーヤ大塔(Ruwanwelisaya dagoba)のように傘蓋が元通りになるとすると、本来の高さは122mになるそうです。3世紀のマハーセナ王により建立されましたが、今から1800年ほど前にこれだけの建築物を建立したなどとは驚くばかりです。

CIMG1552あまり修繕して欲しくありませんが、本来の元の姿に戻すというので有れば、ピカピカの真っ白い漆喰に塗り上げないといけないのでしょうね。

CIMG1552アヌラダプラのそこここにある廃墟(ruin)も修繕後は、こんな風に垂直に直してしまって、綺麗に煉瓦積みされてしまいます。もちろんこれが元の姿なのですが、日本人としては廃墟(ruin)は廃墟でそのままというのが風情があって素晴らしいと思います。しょうがないね。

City Map of Anuradhapura

20060719155855.png

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://franklloyd.blog68.fc2.com/tb.php/72-70bde69b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。