スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヌラダプーラ - ルワンウエリサーヤ大塔 

CIMG1552熱い!

暑いのではなく、熱い!

スリランカのドライシーズンには慣れているが、どうしても慣れないのが足の裏です。

ドライシーズンのアヌラダプラ(Anuradhapura)に午後1時に来るからいけない。この左の画像のように猿でさえ木陰で休んでいるのに、人間様は靴を脱いで境内に入らなければなりません。

CIMG1552ルワンウエリサーヤ大塔(Ruwanwelisaya dagoba)などはるかに遠いのです。この広大な境内を裸足で歩かなければいけません。歩道の温度は70度以上になっているでしょう。水虫など一発で死んでしまいます。自然の足の裏の消毒。スリランカ人に水虫の人はあまりいないようです。

CIMG1552ルワンウエリサーヤ(Ruwanwelisaya Dagaba)大塔を囲む象のレリーフですが、いつも思うのは変に彩色してあるので年代の古さを感じていけません。

City Map of Anuradhapura

20060719155855.png

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://franklloyd.blog68.fc2.com/tb.php/71-55fe7e4b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。