スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍説、北朝鮮のミサイル発射はやらせ 

911の時には、あれはアメリカ政府のやらせで、WTCはジェット機ごときで崩れ落ちるものではなく、実はアメリカ政府がミサイルを叩き込んだ、などと言い出す方がMLなどで出ていました。そういう方は、アポロ宇宙計画で月着陸に成功したというのもやらせで、映画『カプリコーン1』のようにハリウッド製作の特殊撮影などという話も信じています。

今回面白いのは、『テポドン2号は本当に発射されたのだろうか?』という話がネットで書かれているということ。『発射された映像が残っていないし、日本海に落ちた落下物を見たという情報もない。日米韓でミサイル発射の際の説明がくい違っている、ロシアのミサイル探知機レーダーにも全く探知されなかった』から、これはやらせだ!という話らしい。

このテポドン2号発射の目的は一つ。一刻も早く、国民の世論を日本の軍備拡張と米軍再編にかかる莫大な費用及び9条改悪を容認させる方向に導くこと』なのだそうです。『もし北朝鮮が本当に日米を恫喝する意味でテポドンを発射する意図があるなら、なぜ小泉とブッシュが米国で共同声明を出したときに発射しなかったのでしょうか。小沢さんの訪朝に合わせて発射したかのような今回の北朝鮮の行動によってだれが一番得をするかといえば、迎撃ミサイルを日本に売りつけことのできるアメリカと、テレビに露出する機会が増え、総裁選の宣伝になる安倍晋三です。
以前、民主党と自由党の合流のとき、このニュースのインパクトを弱めるために、自民党は道路公団の藤井総裁の辞任をぶつけてくるという姑息な手を使いました。今回も、水面下でつながっているとされる(統一教会の合同結婚式に安倍が祝電を送ったことが明らかになっています)北朝鮮の協力を得て、中国との関係改善のために日中首脳会談を行った民主党の存在感が強まることを怖れたアメリカと官邸主導の「自作自演」による情報操作ではないか、との疑念が捨てきれません。

誰がやらせの対象で、何ヶ国を巻き込んだやらせで、費用は誰が出したのだかまったく理解に苦しむ珍説ですが、陰謀理論好きの人はすぐ信じてしまうのでしょう。持論を補強するためのネタだけを厳選し、都合が悪いネタは切り捨てる/曲解する/捏造するなどというなんともイージーゴーイングな話です。

★北朝鮮のミサイル発射
朝から、いやなニュースでしたね。
テレビでも新聞でも、異口同音
「挑発、脅威、言語道断、許せない」との論調ですね。

私は、別の懸念を感じています。

一国の軍事訓練に対して、世界が騒ぎますか。
一国の軍事訓練はその国の主権であり他の国は干渉できません。
ミサイルを持っている国は発射実験をします。
日本も太平洋上で発射実験をしています。
アメリカも太平洋上で発射実験をしています。
日米合同の海洋上での軍事訓練もしています。

今回の北朝鮮のミサイル発射実験は、
そんなに異例で危険でいけないことでしょうか。
発射のコースを見れば明らかですが、
日本に向けて発射したわけでもありません。
明らかに軍事訓練(発射実験)の範囲内です。

むしろ、大騒ぎすることで、危機感、不安を作り出そうとする意図が感じられます。
経済制裁をすることで、国際的緊張を高め、危機感や不安を煽り、
日米軍事同盟を強化したり、軍備費の大幅アップしたり、
憲法改正(改悪)への傾斜の方が心配です。

過去の大きな戦争の影には、必ず、意図的な情報操作がありました。
政治問題、国際問題は、報道に依存してしまいますが、
次の視点を忘れないことが大切です。

・煽られないこと、流されないこと、迎合しないこと
・冷静でいること
・自分の視点、自分の考えを持つこと

面白いエントリーです。おかしな平和主義と平等主義(ミサイル発射実験をする平等の権利?!)、反米主義に凝り固まると、その視点からだけしか見ることができなくなります。視点は固定してはいけませんね。

一国の軍事訓練に対して、世界はいつも騒ぎますね。イランでもイラクでも過去スカッドの発射実験で騒ぎました。問題なのはイスラエルの実験を非難しないこと。南アの実験を非難しなかったこと。非難されるのはアメリカに敵対する国々が主なのでそれは不公平です。が、パキスタン、インド、一国の軍事訓練に対して、世界はいつも騒ぎます。

一国の軍事訓練はその国の主権であり他の国は干渉できません、などと自分の首を絞めるようなことをこの方は言いますが、じゃあ、日本が民主的に将来大陸間弾道弾の開発を決定し、推進した時にも「一国の軍事訓練はその国の主権であり他の国は干渉できません」と言えばよろしい。

「ミサイルを持っている国は発射実験をします」それは確かに。しかし、「日本も太平洋上で発射実験をしています」というのは、日本のみならず世界各国が認める衛星打ち上げのためのロケットの発射実験であり、大陸間弾道弾の発射実験ではありません。

日本は、偽ドル札を作っているわけでもない、ドラッグを国ぐるみで国際的に密売していない、武器や大量破壊兵器を密売していない、他国の国民を拉致しているわけでもない。

自ずから、北朝鮮がミサイル発射実験を行うのは、他の国がしているからいいのではないか?とは言いにくいようですが。。。

この手の方でしたら、こういうニュースも、未だにアル・カイーダの危険を喧伝したいアメリカ政府の陰謀になるのでしょうか?

NY川底トンネル爆破計画、テロ組織関係者らが供述
ニューヨークのマンハッタン島とニュージャージー州をつなぐ鉄道の川底トンネルを爆破する計画が7日発覚した。
米連邦捜査局(FBI)などによると、レバノンで逮捕された国際テロ組織アル・カーイダ関係者の男(31)をはじめとする米国外在住の8人の容疑者が明らかにしたもので、今年10月から11月の決行を狙っていたという。
この鉄道はハドソン川の下を通り、平日にはマンハッタンに職場のある通勤客ら約21万5000人が利用している。AP通信によると、容疑者の1人はトンネル爆破によってウォール街などのあるマンハッタン島南部の地域に大洪水を起こすつもりだったと話している。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://franklloyd.blog68.fc2.com/tb.php/65-1d25a0c3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。