スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さすが、日刊ゲンダイ、理由無く、『不要だった郵政民営化』だってさ 

やっぱり不要だった郵政民営化って、何故?不要だったの?

やっぱり不要だった郵政民営化
トヨタを超える利益を出したのは大銀行だけでない。郵政公社の2006年3月期決算で、郵貯の当期利益が1兆9000億円を上回る見通しとなった。これだけ儲かっているとなると、小泉首相が国中をひっかき回してゴリ押しした「郵政民営化」は本当に必要だったのかと怪しくなる。小泉ー竹中コンビは「国営は効率が悪い」「損が出れば国民の負担になる」といって郵政民営化を進めたが、今期好決算でその大前提が崩れてしまった。

当期利益がトヨタを上回って、それが特別会計に流れて変な特殊法人の経営を支える役に立たずに、本来の預金者の利益になるのだったらいいじゃないですかね?儲かっているから民営化しなくて良かったのでは?というのは理由になるのかな?

さすが、日刊ゲンダイの記事。いい加減です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://franklloyd.blog68.fc2.com/tb.php/5-32c03497

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。