スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の奥様が運営する秘密売春倶楽部 

もう10年以上になりますが、シンガポールにいた頃、信じられない噂を耳にしたことがあります。いえいえ、信じられない、というのは違うな。

人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。多くの人は見たいと欲する現実しかみていない。
by アウグストゥス

ですね。

多くの人は見たいと欲する現実を真実と呼び、見たいと欲しない現実を虚偽と呼ぶ。
by FRANK LLOYD

ということでしょうか。まあ、いいや。

え~、その信じられない噂、というか、信じたくない噂というのは、シンガポールの在留日本人の奥様が運営する秘密売春倶楽部、というのです。

◆TB:海外で売春する日本人。
日本人女性も保護か 英で売春宿摘発
Hong Kong - SEX141.COM - Japanese
ロンドンのアジア系エスコート女性1
ロンドンのアジア系エスコート女性2
ロンドンのアジア系エスコート女性3
ロンドンのアジア系エスコート女性-日本女性1
ロンドンのアジア系エスコート女性-日本女性2
※1 女性は最悪最後にこういう商売もあり?!と思いました。
※2 もしかすると留学生もいたりして、その娘のお父さんは悲しむでしょうね。。。

これは相当有名になりまして、なんとネット流出事件まで起こしました。実在した組織です。その奥様方は、闇から闇へ、日本に旦那ともども送還されたり、離婚騒ぎが勃発したり。そこまで行くと噂ではなかったですが。。。

なんで、信じたくない噂、なのかというと、そりゃあ、日本人の旦那は発展途上国で買春したり、とかく、評判が悪く、それに引き替え、日本人の奥様は貞節で、優しくて、海外での評判は、旦那とは月とスッポンですからね。(え~、日本人と結婚したことがありませんので、推測しているだけです。現実は知りません。)

まあ、あと、シンガポールなんかにいると、シンガ経由で東南アジアなどに行く日本人が多く、東南アジア方面のいろいそな噂話も耳に入ってきました。

1年ぐらいバリで旅行会社にいましたが、こっちは仕事で客の女の子と話しているだけなのに、『オレが狙っている女に手を出すな!』とオージーにナイフを突きつけられた事が3回ありました。日本人女性はオージーとバリニーズで取り合いしているから、下手に手を出すとトラブルに巻き込まれるよ。あそこで1年見てれば、バリに何度も行っている『バリが好き』って女とは絶対に付き合えないよ。タイやフィリピンに通う売春ツアーのオヤジと同じ!!(日本人男性)


なあんて話も耳に入れば、

私もバリ大好きだけど、バリニーズには全然興味ナシ!よく独りで行くけど「彼氏バリ人ね~~」とかバリニーズに言われるのすっごいアタマ来る!煩いよ!エンコ―まではどうかは知らないけど、すぐエッチさせる子、多いのは確かなんじゃない?(日本人女性)


なあんて話も耳に入ります。タダ酒の飲み過ぎで嘔吐する前に(吐いた後は話なんて出来ません。。。_| ̄|○)J●Lのフライトアテンダンスに聞きました。(そういえば、フライトアテンダンスは多量にアルコールを飲みますが、飲んだ後、乱れる方が多い。なんでなんでしょ?)

と、まあ、日本人男性も乱れていますが、日本人女性も乱れている場合もある。男性より目立たないだけですけど。

んなこと言ったら、じゃあ、欧米人はどうなのか?というと、私のカミさんがシンガで行ったカナダ人のパーティーでは、べろんべろんに酔っぱらった奥様がストリップティーズ を始めたりとか、オーストラリアンの夫婦2組、夫婦交換がこじれて、離婚して、交換結婚になったとか。

乱れる人は乱れ、乱れない人は乱れない。人種の差も性別も関係がない、ということなんでしょうか?

結局、海外での日本人の場合、男性も女性も、今までもてたことのない男性や女性が、ただ日本人であるからという理由だけで、たまさかもてたので、何を勘違いしたのか、頑張りすぎたという悲しい結果なのかもしれません。

これは難しい。日本での実績(?)とは違って、さらに、本人の努力と関係なく、もてだす、という現象はないと思います。もてる、やつはどうしてももてる。これは才能なのかもしれません。もてない男女は、金と権力と地位、これのどれかを付け足さない限りもてないものはもてない。もてるヤツは金と権力と地位がなくとももてる。

まあ、もてようと、もてまいと関係ない、という人間には、それこそ関係のない話です。しかし、もてる、もてないが死活問題の人間が、海外に出てもてたら、これは喜劇となるか、悲劇となるか、はてまた、ハッピーエンドとなるか。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://franklloyd.blog68.fc2.com/tb.php/48-6a3cd6ff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。