スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移住難民 1 

縦並び社会・格差の現場から 年金移民
ベランダからマラッカ海峡の青い海が見える。マレーシア半島西岸のペナン島。39階建てマンションで末永千明さん(63)が独り暮らしを始めて半年になる。

「できればずっとこっちにいたい。ゴルフも始めたのよ」。千葉県君津市で事務員をしていた58歳の時にリストラされた。夫とは早くに死別。娘は結婚した。3年半ホームヘルパーをしたが、介護中に手首を骨折し、元のようには動かない。年金は月13万円。娘の世話にはなりたくない。

「生活に余裕はないし、日本に一人いるのも・・・」。不安はあったが、インターネットで移住先を探した。

3LDKの家賃は4万8000円。外食中心の食費は約2万円で済む。ライスとチキンに偏るので生野菜だけは買って煮る。月10万円ちょっとで暮らせるが、日本の住民税や保険料を払えばぎりぎりの生活だ。

末永さんはまだ「独り暮らしを始めて半年」です。え~、日本国内の生活経験しかない人には理解出来ないでしょうが、日本の所得税は日本を離れ非居住者になった途端に払わなくて済みます。もちろん、日本に帰国して居住者になった途端に支払わなくてはいけませんが。

ところが、この末長さん、「日本の住民税や保険料を払えばぎりぎりの生活」と言われていますが、この「住民税」、日本を離れる前1年間に住民税を払った実績で、日本を離れ非居住者となっても1年間は支払う必要があります。だから、末長さんはいくばくかなりと支払う義務がある。あと、残り半年ですが。

この収支勘定を見ていると非常に不安定な、ちょっと何かあったらもうお仕舞い、という生活ですね。今は良いのですがね。

保険料。これは海外旅行者保険です。長期適用ですから、月に2万円++くらいでしょうか。年金13万円で、支出が10万円ちょっと。残りが3万円で、それで住民税と保険料。計算は合っているようですね。この生活では、保険料の特約外の病気に罹ったらもうお仕舞い、ということになります。

為替変動。これも多少変動したらもうお仕舞い、ということです。

為替変動がどう影響するか、説明しましょう。まず、日本円の支出3万円は日本円ですから変動要因とはなりません。要因となるのは残りの10万円。現在、113円程度で推移していますので、

 ¥100、000 ÷ 113 = US$885

マレーシアリンギットはほぼアジア通貨危機からドル固定で動いてます。だから、マレーシアリンギットに対する為替変動は、米ドル対日本円で考えてもいいということですね。

さて、これからしばらくは円は強含みですから1~2年は問題はないでしょう。逆に円高にふれる可能性が大。ですので、例えば、1米ドル=100日本円になれば、

 ¥100、000 ÷ 100 = US$1、000

で、$115、収入が増えることになり、ますます、ゴルフが出来る、ということ。

しかし、仮定の話として。

好調だった日本経済が、2009年、北京オリンピック後の中国のリセッションと、石油生産が2015年にはピークを迎え、それ以上の生産は不可能という、BRIC'S国には成長の足枷をかけられたも同然のニュースにより、アジア全体の成長にブレーキが。もちろん、消費も以前ほどではなくなり、日本円は急激な円安に向かいました。って、仮定の話ですよ、仮定のね。

1米ドル=130日本円となったら、

 ¥100、000 ÷ 130 = US$769

1米ドル=150日本円となったら、

 ¥100、000 ÷ 150 = US$667

1米ドル=200日本円となったら、

 ¥100、000 ÷ 200 = US$500

いずれにしろ、現地での支出US$885は、リンギットの対ドル相場が変わらない限り同じですから、

赤字$116@¥130/月
= $1、392/年
= ¥180、960/年
= 13万円の年金1.4ヵ月分

赤字$218@¥150/月
= $2、616/年
= ¥392、400/年
= 13万円の年金3ヵ月分

赤字$385@¥200/月
= $4620/年
= ¥924、000/年
= 13万円の年金7.1ヵ月分

この赤字の数字を見ているだけでクラクラしますね。

年金もらうような人は、もう収入の当てはありませんので、この赤字額の穴は預貯金で埋めないといけませんね。何のために海外にいるのかわからなくなってきます。

私が1985年にスリランカにいた時、1米ドルは¥260ぐらいしていましたかね。それが今1米ドルは¥113。ドルの価値はこの21年で半減しています。

為替変動はこのドル-円の関係だけではありません。年金移住をした国が経済発展をしたとする。今の中国みたいにね。そうすると、今の中国のように人民元切り上げとか言われます。中国だから何とか切り上げを先延ばししていますが、他の国は自国の通貨価値が上がるメリットがあるから切り上げに反対なんかしません。つまり、ドル-円の関係だけでなく、現地の通貨の強さによっても、金額が円固定の年金が目減りするということです。

逆の話をしますと、1985年にスリランカの1ルピーは14円でした。それが現在は1ルピーは1.2円。円が12倍使い勝手が上がった、ということですが、インフレも20倍となりました。。。_| ̄|〇、;'.ゲフォッ

為替は、決して安定した物ではなく、5年、10年のスパンで考えても相当変動します。その変動幅をある程度予測して、その変動幅でもやっていける海外年金移住の計画を立てる必要があります。

末長さんは2005年で63才ですから、2009年は67才。平均余生を見てみると、残された時間は余りに多く、何か出来る可能性はあまりに少ない、ということです。

「生活に余裕はないし、日本に一人いるのも・・・」という動機での海外年金移住ですが、どうにも不安定要素がありすぎて、なんで海外にいるのかよく理解出来ませんね。コワイです。

この末長さんの人生、別の選択はなかったんでしょうか?

娘の世話になるのはイヤだ、ということで、子どもを当てにしていないのはよかったですね。ただ、子どもを当てにしないなら、もう少々計画性が必要だったのではと思います。しかし、「夫とは早くに死別」して、その後、連れ合いを求めなかったのは何故でしょうかね?「早くに死別」したのですから、再婚もしやすかったはずですが、なんでかなあ。

日本を初め、各国とも老夫婦が2人で老後を送るように老後の生活を設計しています。老人一人の場合は。。。これは養老院。一端はいるともう出られないでしょうな。

この毎月もらう年金。日本に居てこそ定額ですが、海外に居住したら定額とはなりません。だから、まとまった額、少なくとも5年ビザで滞在するとして、その80%程度の必要経費・固定費は現地通貨に交換し為替変動要因を少なくする必要があります。或いは、80%に相当する現地での収入を確保するか。しかし、それではワーキングビザを取得しないといけませんしねえ。

末長さんの場合、US$885/月相当のリンギットが必要です。それの5年の80%というと丸々4年分。

US$885/月 × 12 × 4 = US$42、480 = ¥4、800、240@113

これを現地の銀行で運用して、目減りを防ぐと共に、一括でもらえない低い財産性しかない政府の年金をなるべく毎月使ってしまい、残ればリンギットに替えてさらに貯金。確か、定期預金の利率が6%あります。この程度の収入だと利子に対する税金はほとんどかからない。

US$42、480 × 0.06 = US$2、549
US$2、549 ÷ US$885 = 2.9ヶ月分の現地生活費

約3ヶ月分を利子でまかなえますから、113×12÷(12-3)=151、つまり、1米ドルが151円になってもかつかつやっていけるという資産状態です。

まとまったお金というは威力がある物です。10万円の10倍が100万円ではありません。100万円を10ヶ月に渡って均等に受け取る財産性と、100万円を一括で受け取る財産性は違います。政府の年金は低い財産性の資産なのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://franklloyd.blog68.fc2.com/tb.php/45-77865dd2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。