スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネオナチにあったら蜂須賀家の家紋を取り出して。。。 

またネオナチ?トルコ系議員殴られ負傷
ベルリン市東部リヒテンベルク地区の路上で19日夜、トルコ系のギヤセッティン・サヤン市議会議員(56)が、外国人排斥を叫ぶ2人組の男にガラス瓶で頭を殴られ、負傷した。

W杯開幕を控えたドイツでは、外国人がネオナチに襲撃される事件が頻発、対策をめぐって政界で論争が起きている。同議員は左派党で移民問題を担当しており、事件は波紋を広げそうだ。

市警当局者によると、同議員は自宅近くに車を止めた際、25~30歳の短髪の男らに襲われ、「トルコ人」「外国人」などとののしられた。同議員はトルコ生まれのクルド系住民で、1970年代にドイツに移住し国籍を取得した。

こういう国を見習っておけば、隣国と問題は起こさなくなるということなんですね?アナン国連事務総長殿。

ミュンヘンオリンピックでのテロ騒ぎが思い出されるなあ。。。パレスチナとユダヤ人のテロ騒ぎでしたが、アーリア人、人種差別が好きだからなあ。。。

W杯は何事もないと良いですが、たぶん何かあるんでしょうね。

ドイツですもの。W杯を韓国と共催して、中国でのサッカー試合も問題なくこなした日本とは根本的に違う国ですからね。

アルザス・ロレーヌ人やポーランド人の一部にだって恨みに思っている連中もいるでしょうし。宿敵フランスも英国もそうですからね。移民したトルコ人も黙ってはいないでしょう。仲が良いのはロシア人か。ま、3国同盟、枢軸国なんてので騙された日本人がバカだったんですね。

徳島県阿波踊り協会の皆さんもお気を付けて。現地のパブには、現地政府の付き添い付きで行きましょう。

ネオナチ。。。あ!そいつらにあったら、それこそ蜂須賀家の家紋を取り出して。。。_| ̄|○

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://franklloyd.blog68.fc2.com/tb.php/3-68a293b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。