スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人に告ぐ2 

ずいぶん前からいっているのが、日本人(日本国家、じゃないよ)は決して豊かではないこと。

それもよくわかる。

何故か?

みなさん、いくら貰ってます?

毎月いくら貰ってます?

貰っているのか、稼いでいるのか知りませんが、いくら?

30万円?40万円?50万円?

この前まで、この10年前まで、給与は国籍で決まることが多かった。海外で同じ能力で、日本人なら70万円、英国人なら90万円、フィリピン人なら40万円、スリランカ人なら25万円。。。

もうね、この法則は通用しない。

グローバルというのは、ようするにどういうことか、わかりますか?

グローバル化というのは、同じ技能能力で、言語能力が拮抗している場合、国籍による給与差はなくなる、というのがグローバル化です。ドメスティック、つまり内国とは違う。国内給与体系とは違うんですよ。

つまりね、日本人だから問題なく70万円いただける環境は日系企業以外存在しなくなったし、日系企業自体がグローバル化しているので、日本人だから、という単なる血脈で70万円なんて払いません。

グローバル化というのは、「国籍プレミアム」がなくなる、これがグローバル化なんですよ、みなさん。

つまりね、アッパーミドル以上は、国籍に依らず同じ収入を得られるようになったんだね。

そのうちね、5年以内に、日本人の下層階級は、タイ人の中流階級以下になるね。

やはり、国家と民族の意識を軽視し過ぎたツケは回ってきます。

願わくは、個々人で勝負する、コレが大事ですよ。

出来ないヤツは、求められないヤツは、没落するだけです。

国籍の問題ではない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://franklloyd.blog68.fc2.com/tb.php/293-ebee3055

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。