スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腐ったトマトは小泉首相が来るまで投げずに我慢しなさい 

ノーベル文学賞受賞者の大江健三郎、彼の小説は、私にはとんと理解出来ない代物で、学生時代、半分放り出しながら、でも読まねば何も彼に関して言えないといやいや読んだ記憶があります。

故江藤淳や石原慎太郎と、とうの昔に袂を分かち、辻元清美ばりのえげつない左翼運動を展開して、嫌悪感以外抱けない人物となりはてたと思っていましたが、今回は発狂したとしか思えません。身体障害者の息子の世話で頭がどうかなったのでしょうか。

「腐ったトマトは小泉首相が来るまで投げずに我慢しなさい」
日本の代表的な良心的知識人である同時にノーベル文学賞受賞作家である大江健三郎は5日、SBSテレビの「韓スジンのサンデークリック」に出演して、日本の政権による憲法改訂の動き、歴史教科書歪曲問題、従軍慰安婦問題など韓日両国の外交争点になっている事案について自らの立場を明快でありながらも意味ある発言をする渦中に漢陽大を訪問して若者達を対象に行なった講演について、このような言及をした。

日本が戦争をしないで軍隊を持たないという憲法9条守護の会を主導している大江健三郎は、神社参拝をする小泉首相に対して批判をする中で「小泉首相の神社参拝は韓国・中国の怒りを買うに値する。日本は真正な心の謝罪をしなければならない」と強調した。

日本は真正な心の謝罪をしなければならない

また謝罪だ。大江健三郎さんは日本人の立場での謝罪を言いつのって、中韓の受けを狙っているんでしょうが、あなたも日本国籍所持者、どう謝罪を現すのですか?具体的にお言いなさい。

私も靖国神社の首相参拝には反対ですが、それは敗者に対して祟りを恐れた鎮魂という儀式が外国人にとってはわかりにくいので、やめた方がよろしいというスタンスです。中韓を恐れて、という話ではありません。仏教徒ですので、魂は死すれば速やかに輪廻転生するので、いつまでもこの世にとどまるわけでもなし、鎮魂など不要のこと、と思ってもおります。鎮魂を信じる、というのは元々の仏教思想ではなく、神道ですからね。お間違えのないように。

だいたい、中韓が望むのは、過去の中華帝国朝貢序列に戻り、日本が中韓の下風に立ち、中韓の息子、弟としての地位に甘んじ、過去、戦争で蹂躙し中韓を侮辱したのは間違いでした、日本はあなた方の息子であり、弟であります、と恭順して初めて、彼らは面子が立ち、謝罪を認めるのでしょう。それも、言葉・態度だけではなく、国際的地位を差し出し、経済的朝貢を行って初めて、向こうも溜飲が下がります。

ノーベル平和賞と文学賞は、他の賞と違って胡散臭いと思っていたんですが、まったくもって、本当ですね。少なくとも、ガルシア・マルケスと比較出来る人物ではなさそうな。

大江氏は漢陽大を訪問して学生たちに講演をする中で、「私の娘は心配性で、敏感な時期に韓国を訪問するのを心配して、日本人は印象が良くないから腐ったトマトを投げつけられるかもしれないと言っていた。腐ったトマトは私に投げずに、小泉首相が来るまで我慢しなさい」と言って学生たちの笑いを催した。横にいた小説家の黄ソギョン氏は大江氏のこの言葉に対して「大江先生には花を投げなければならない」と肯定的に回答した。

下品な冗談で受けを狙ったもんだ。品性のかけらもない人間です。鎌倉を引き上げて、韓国か中国に移住すればいいものを。江藤淳が草葉の陰で舌打ちしていることでしょうね。

大江健三郎は、ノーベル文学賞を受けた直後に日本天皇が与える文化勳章授与を拒否した理由について、「真の民主的な賞を受けたかった」と簡単に答えた後、この受賞拒否で右翼らのデモなどに直面したエピソードを聞かせた。
オリジナルの韓国語記事

なんと子供っぽい文化勲章受章拒否。日本政府もこんな人物を候補に上げなければいいものを。江藤淳と三島由紀夫が生きていたらどう言っただろうか?三島由紀夫の自殺の頃から大江健三郎はおかしくなってしまったんでしょうねえ。

辻元清美落選と共に、大江健三郎の書籍不買運動を!。。。って、もともと、あんな本あまり売れないか。。。_| ̄|○

大江健三郎殿、韓国人が腐ったトマトを小泉首相訪韓までに準備しておくかどうか知りませんが、少なくと私は腐ったトマトをあなたが香港に一歩でも脚を踏み入れたら投げつけるように準備しておきます。。。って、彼と同じ下品で下劣なレベルに落ちてしまうので止めておきますが。。。やれやれ。
スポンサーサイト

コメント

三島由紀夫さんの洞察力ってすごかったな~と今になっても思います。
http://blog.livedoor.jp/tarotohachinosu/

確かに彼は天才

蜂の巣さん、

蜂の巣さんの記事もきぃ興味深い!
ただし、私と考えは違いますけど。
面白いので、その内お邪魔致します。

ではでは。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://franklloyd.blog68.fc2.com/tb.php/259-ed82f09d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。