スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダ最北部の氷河、100年間で9割消えた 

カナダ最北部の氷河、100年間で9割消えた ← 既にリンク切れ
北極海に面したカナダ最北部で氷河など陸上の氷が過去100年の間に9割も消失、流氷など海上の氷も過去15年で厚さが3分の1にまで減っていることが、カナダ・ラバル大などの観測で6日、明らかになった。極地で顕著とされる地球温暖化の影響と見られている。

同大などの観測によると、19世紀末と20世紀初頭に行われた探検では、カナダ最北端のエルズメア島一帯に広範な氷が定着していたことが記録に残っている。しかし、1980年代になると、氷が著しく減少。現在、同島北西岸を覆う氷床は5つだけになり、総面積は100年前の1割になってしまった。

5つのうち、北極最大のワードハント氷床(表面積約440平方キロ)は2002年ごろから割れ始め、昨夏に大きく割れた際には氷床内の湖(面積150平方キロ)から淡水が海へ流出したことも確認された。湖は毎年夏季に出現し、塩分の少ない水を好む原始的な微生物が生息しているが、生態系に深刻な影響が出ている。

FI416459_0E.jpgClimate Change in Canada

ということで、最初の画像は、氷山の南下限界を現した物。北海道でも似たような現象が現れていますね。その内、北海道は米作の中心地帯になるでしょうね。これは良い事なのか?大雪山の雷鳥は死に絶えます。これはしょうがないことなのでしょうね。

FI416459_1E.jpgさて、左の図は、過去9000年間の地球の温度変化を表したグラフ。気候は変化・循環します。それは自然な事だった、20世紀の中頃までは。しかし、それ以降、これは自然循環だとは思われないレベルまで、地球の平均温度は上昇していますね。全て人類のなせるワザ。偉大ですね、人類は。(絶滅した方がマシかも。。。)

FI416459_2E.jpg左のグラフは、1951年から1980年までの平均気温をとして、1860年から、2100年までで、どれだけ平均温度が上昇するかの統計と予測のグラフ。え?たった4.8℃上昇するだけじゃないかって?今年の日本の夏の気温は、たった0.8℃上昇(あれ?うろ覚え)しただけで、この暑さですよ。4.8℃ってのは、想像しがたいでしょ?

FI416459_3E.jpgこの左の地図は、グランドバンクスの氷河がどれだけ海面にせり出しているかの地図。現在よりも将来600km以上も氷河が後退しているのがわかるでしょ?

FI416459_4E.jpgこの写真はウェッジモントの1979年と1998年の氷河の後退の様子。無くなってますねえ。

という事で、我々が気付かない内に、ドンドン地球は暑くなる。映画のザ・ディ・アフター・トゥモローだって起こる可能性もあります。

もう、政治の季節は終わりにして、環境を真面目に考えないと大変な事になるかもね。わしゃ、知りません。。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://franklloyd.blog68.fc2.com/tb.php/237-7e2f0410

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。