スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルトガル植民地時代 (1505~1658 153年間) 

0880katara.jpgスリランカがヨーロッパの植民地であったのは16世紀から20世紀まで、1505年から1948年までの443年間にのぼります。紀元前のシンハラ族の植民から伝承では紀元前5世紀です。2500年間の建国の内、ほぼ5分の1が植民地の歴史でした。

1505~1658 153年間 : ポルトガル植民地時代
1658~1796 138年間 : オランダ植民地時代
1796~1948 152年間 : イギリス植民地時代

その内、ポルトガル植民地時代は、建国してから6%、植民地時代の34.5%の153年間です。ポルトガル植民地時代は、ポルトガル/スペイン人特有の現地人との混淆も進んだ時代です。


AD1505ポルトガル人による植民地支配の開始。ポルトガルの狙いは、香辛料貿易から生じる利益の確保とカトリックの布教。
AD1521コーッテ王国が、コーッテ(Kotte)王国、シータワカ(Sitawaka)王国、ライガマ(Raigama)王国の3国に分裂。
AD1546コーッテ王国とポルトガルが、共同でキャンディ王国を侵略。しかし、失敗。
AD1550コーッテ王国のブワーネカーバフ(Bhuvanekabahu)が、ポルトガル兵に射殺される。孫のダルマパーラ(Dharmapala)が、国王を継ぐ。
AD1557コーッテ王国のダルマパーラ(Dharmapala)王が、カトリックに改宗。
AD1560ポルトガルが、カトリックへの改宗に抵抗したことを理由にして、タミル王国ヤルパーナムに進軍。
AD1565ポルトガルが、コッーテ(Kotte)から現コロンボのフォート(Fort)への遷都をダルマパーラ(Dharmapala)王に求める。フォートは、ポルトガルの支配下にあった。
AD1571-82ポルトガルが、ゴール(Galle)に城塞を築く。
AD1580ダルマパーラ(Dharmapala)王が、死後にランカー島全島をポルトガル国王に贈ることを決定。
AD1591ポルトガルが、タミル王国ヤルパーナムに進軍。
AD1594ポルトガルが、キャンディ王国に進軍。しかし、失敗。
AD1595-96オランダの船舶が、アジア海域に出没し始める。
AD1597コッーテ王国のダルマパーラ(Dharmapala)王が死去し、コーッテ王国が滅亡。正統な王権は、キャンディ王国に引き継がれる。
AD1618ジャフナのタミル王国ヤルパーナムで、カトリック信者による反乱が発生。
AD1619ポルトガルが、タミル王国ヤルパーナムのカトリック信者を支援すると称して軍隊を派遣。タミル王国の国王が捕らえられ、タミル王国が滅亡。
AD1623ポルトガルが、キャンディ王国からトリンコマリー(Trincomalee)を奪取。
AD1627オランダが、キャンディ王国のラジャシンハ(Rajasingha)2世に使節を派遣。
AD1628ポルトガルが、キャンディ王国からバッティカロア(Batticaloa)を奪取。
AD1638ポルトガルがキャンディ王国を侵略。しかし、ラジャシンハ(Rajasingha)2世に包囲され壊滅。オランダが、トリンコマリー(Trincomalee)とバッティカロア(Batticaloa)を奪取し、ラジャシンハ2世に返還する。
AD1640オランダが、ゴール(Galle)とニゴンボ(Negombo)をポルトガルから奪取。
AD1656オランダが、コロンボ(Colombo)をポルトガルから奪取。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://franklloyd.blog68.fc2.com/tb.php/23-023ffbce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。