スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰も読まない、鉛蓄電池の仕組み(6) 

前に掲載した時のコメント集です。

昨年、会社の社内報の記事の依頼があって・・・。太陽電池について、一般> 常識でわかる様に書いた事がありますが。。。無茶苦茶難しかったです(笑


私は空調設備、電気設備の技術者(と言う事になっている?!)です。経験5~8年の技術者の養成で、一番速いのは教師をやらせる事。新入社員教育で、経験5~6年生に教師をはじめさせて、社内教育で経験7~8年生に教師をさせます。教師をさせると、生徒の10倍勉強して、教える事を完全に飲み込まないと、馬脚を現します。え?小中学校のせんせい?あれはアマチュアもだいぶ混じっているのでは?

それで、さらに経験が上になり、技術設計系だと、もう技術者である事を忘れてしまった管理職にわかりやすく説明する役がぁ~。じ、地獄です。中途半端に技術者で有った過去を背負っているおっさんに、新しい技術の紹介をする!

ちなみに、太陽電池、太陽電池、と言ってますが、あれは電池ではない!という事をわかっている人が何人いるか?

これは明治時代に、英語を翻訳した人が悪いです!

「電池」って、英語では「Battery(バッテリー)」だと大半の日本人が思っていますが、単体の電池は「Cell(セル)」です。そのセルが、例えば車用の電池のように2V×6個=12Vとセルが6個集まった複数の電池の集合を「Battery(バッテリー)」と呼びます。

さらに、「Cell(セル)」は、庵室、個室、なんて意味から、(刑務所の)独房、(小人数の)監房、(ハチの巣の)穴、〔生物〕 細胞なんて意味もあります。電池を貯蔵するものとは限りません。その電池の意味で使われて、複数の集合体になっているものが正確な意味での「Battery(バッテリー)」です。

ですので、太陽電池は、「Solar Cell」と呼びますが、この「Cell」は電池の意味のセルではなく、個室、なんて意味で使っていて、電池の意味のセルではないのです。単結晶シリコン、多結晶シリコン、アモルファスの「太陽電池」は、そのセルの集合体で出来上がっていて、最近は、紛らわしいので「太陽電池」と呼ばず、「太陽光発電」と呼んだりしますが、そうすると、それを指すのは、「Solar Cell」を用いた発電システム全体の話になりますねえ~。

Σ川 ̄▽ ̄;川アィーン、こんな話を書いているとエンエン何十行でも書けまして、先に進まないので、このへんで。

あ!最後に一つ!燃料電池、ってのも、電池ではないですね。あれも英語では、「Fuel Cell(フューエルセル)」ですねえ。同じ話だよ。

半導体って何?と訊かれた日には、めまいを覚えましたが(汗


ゲゲゲゲ!それだけで半日費やすことに。。。ま、まさか、半導体講座とか、LCD(Liquid Crystal Display(液晶表示装置)の仕組みとかやりだすわけには。。。そのうちやるかなあ。。。←半分本気で考えている。。。

「誰も読まない、半導体講座」。。。

「誰も読まない、LCD(Liquid Crystal Display(液晶表示装置)の仕組み」

 。。。

じょ、冗談です。

ちなみに、周囲温度による容量の変化まで説明します?


ハイ、化学反応を説明するのに最適化温度の話とかしないといけませんから。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://franklloyd.blog68.fc2.com/tb.php/211-d8854e17

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。