スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰も読まない、鉛蓄電池の仕組み(10) 

FI123960_0E.jpg

これがフォークリフト用の2Vのセルを24個並べて、直列48Vにしたバッテリーです。これがフォークリフトの座席の下に収納してあります。500Ahの容量。これで、クーラーなんか使わない家庭なら、1日ぐらいの電気量を供給できる容量なんですよ。ちなみに、乗用車の電池は、12V、45Ahとかですから、この45分の1ぐらいの容量です。

このフォークリフト用の電池はトラクションバッテリー(牽引用蓄電池)といって、充電する時は充電だけ、放電する時は放電だけ、という使い方。一般の乗用車は、スターターバッテリーといって、エンジンを動かす時に使います。使い方が違うので、電池の特性も違うんですよ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://franklloyd.blog68.fc2.com/tb.php/208-0dcf8289

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。