スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰も読まない、鉛蓄電池の仕組み(11) 

えー、いまいち12Vとか、48Vとか理解しにくいでしょうから、図解を致します。(いや、ちょっと書くのが疲れただけです)

FI126705_0E.jpg

上図は、一般車などに使われる12Vの蓄電池の直列回路を示した物です。外からは見えませんが、こうして中仕切があって、例の正極3枚、負極4枚がひとつひとつのセルに入って、2Vを出力します。そのセルを6個直列に連結して、正極、負極の差が12Vになるというわけです。

FI126705_1E.jpg

同じ話で、「誰も読まない、蓄電池の仕組み その10」の写真にあるフォークリフト用の蓄電池は、一つ一つが一般車用の電池と違って独立した2Vのセルで構成されていて、それを鉄の箱に収めて右図のように24個直列でつないでます。それで、正極、負極の差が48Vになるというわけです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://franklloyd.blog68.fc2.com/tb.php/207-26766529

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。