スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリランカのタブー?! 

0454dambulla.jpgスリランカと言っても、シンガポールや香港みたいな小さい国・地域じゃない。九州よりも大きくて、北海道よりも一回り小さい。福岡と鹿児島で風習が違うように、キャンディーとコロンボ、ゴールでも風習は違います。日本人旅行者がいろいろな地方を旅して、その地方人のスリランカでやっちゃいけないことを聞いて、それがスリランカ全体のタブーと思ってしまうケースもあるんじゃないかなと思ったりして。

『食物にまつわるタブー』

これで書いてあったのが、

スリランカでは(シンハラ人の間では)「焼く」という料理法はありません。

こ、これは。。。焼き魚という料理法自体が世界中で少ない。東アジアと地中海圏ですね。だから、魚を焼いて、その上で調理するというのならあります。マリネする前に焼くとかね。スリランカオリジナルはあまりないでしょうが、まったくないわけじゃない。ポルトガル料理の影響のあるものは焼きますよね?

豚肉のカリーにレモンを絞って入れる事もやはり神々の関係でタブー

???ライムはどうなの?でも、豚肉という素材、あまり酸味と合わないから、という理由なのかも。神々でてくるかなあ?調べてみようっと。

牛肉を食べない人は多いです。豚肉を食べない人も多い。肉食を一切しない人もさほど珍しくありません。

これも全部というワケではないですもんね。大体、スリランカでデビルドビーフなんてあるわけで、インド人にとってはなんじゃあ?ということですからね。日本人よりも肉食が少ないという話です。昔の日本人と一緒ですね。全部が全部と勘違いしてもいけない。

日本にきて日が浅いスリランカ人を招待してバーベキューなどをしてあげるとびっくりされてしまいます。夫の母などは私が秋刀魚を焼くのを見てびっくり仰天、外でバーベキューをした時など、部屋の中に隠れて頭から毛布をかぶってしまいました。

ど、どの階層のスリランカ人なんでしょうか?秋刀魚は珍しいかもしれませんが、バーベキューを知らないスリランカ人ってのは、どの階層なんでしょうか?もちろん、あまり日本人よりも食べる頻度は少ないですが。。。

他のブログでも、スリランカ女性の喫煙・飲酒はタブーという記述を見つけましたが、喫煙は、日本と同じでおおっぴらには男性の前で喫煙する女性は少数派ですが、そこはそれ、本音と建て前はどの国にもあるもの。ビジネスウーマンで喫煙する人は多いですよ。ストレス溜まるんでしょうね。

私はスリランカ人男性ではない、治外法権日本人男性なので、我が家に遊びに来たスリランカ女性は、「煙草吸ってイイ?」と気軽に聞きます。私が日本人だからでしょうね。同国人男性だと言いにくいのでしょう。だから、タブーじゃないと思うなあ。日本と一緒で男性がいい顔をしないという話。

飲酒も同じく。パーティーで、女性もよく飲んでますが、男女合わせたパーティーでは、そりゃあ、アラックなんぞ飲みません。男性の目を気にするんでしょうね。でも、女性だけのパーティーや、外国人男性だけでスリランカ人男性がいないならば、ウィスキーもアラックも飲みます。結構強い。

南アジア、中近東は日本以上に男尊女卑の部分もありますので、それらの国の男性に聞けば、女性の喫煙飲酒はいい顔をしませんが、それらの国の女性に聞けば、なにいっちゃってるの?男共は?ということに。日本と一緒ですね。

後、女性の一人歩き。特に夜間の一人歩き。

これはね、日が暮れて男性同伴じゃなくてウロウロしている女性は、日本以外では東アジアでも見かけます。でも、他のアジアは男性同伴じゃないとでかけない。欧米も、女性一人とか女性二人とかの旅行は数が少なく、基本は男性同伴か、グループ旅行であるように、女性が単独でウロウロするというのは、ヤバイ職業の女性だけ、ということです。ただ、外国人ですから、これもお目こぼしで、別に一人歩きしてもあまり危険ではないでしょうが、日没後は、歩行は止めて、車での移動にした方が良いでしょうね。

タブーじゃないですが、スリランカに美人はいない、見かけない、と言う日本人男性がいますが、女性は家にこもっています。男性同伴でないと外出しない家庭も多い。我が家もそうです。香港でも私が常に同伴です。ちょっとした買い物以外は。

各家庭に行けば、美人は山ほどいます。外に出ないだけ。外に一人で出るのは、メイドとかその階層。だから、美人は外ではあまりみかけません。

単独行動する女性は、独身のビジネスウーマンなんかはそうですが、不良とみなされるだけです。昭和20~30年代の日本と一緒ですね。だから、風習なんて3、40年でガラリと変わってしまうものです。

こう書いていても、私の知っているスリランカ人はコロンボ周辺が多い。それも、オープンな空気の親族から聞いた話が多い。トラディショナルな家庭は違うのでしょう。(トラディショナルな家庭じゃ国際結婚なんて許さないからね)さらに、他の地方だと違うのでしょう。

昔オフィスのスタッフがフルーツバット(こうもり)のカレーはうまい!と言ったら、他のスタッフがこうもり食いなんて野蛮だ!どの地方だ!と怒ってました。香港でも広東省のいかもの食いに怒る人もいます。長野県のザザ虫とかイナゴの佃煮とかね。関東の納豆を関西人が嫌うとか。人と地域によっても違いますよね?

食のタブーとか宗教のタブーとか服飾のタブーとか、いろいろあるんでしょうねえ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://franklloyd.blog68.fc2.com/tb.php/178-ae93b0a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。