スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力発電とその問題Ⅴ 

FI1916721_0E.jpgさて、

送電グリットで焼き網、という表現を致しましたが、厳密には日本の送電網全体は「くし形」と呼ばれています。何とか電力同士の接続の場合です。(左図参照)櫛の大本をグリット言えば言えなくもない。

FI1916721_1E.jpgそれで、各電力会社、例えば東京電力の場合はループ型です。バイパスの数が少ないメッシュ型(焼き網型)と思って頂ければ結構。

私の説明の焼き網だとアメリカに多いメッシュ形を想像するので、訂正しておきます。まあ、メッシュの2~3列多数行とでも考えて頂ければよろしい。別に、高圧受変電のプロになるのでもないので、この程度の理解で良いと思います。とにかく、発電所は、その系統で多数ぶら下がっていて、その下にどこからの電気というわけではなく、消費側も多数ぶら下がっていると思って下さい。

参照:

東京電力のネットワーク(1)電力網の仕組と通信インフラ
シムシティから考える地域エネルギー計画とマイクログリッド

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://franklloyd.blog68.fc2.com/tb.php/141-c3efe658

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。