スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリランカのお墓の話 

FI84513_0E.jpgお墓の話。え?縁起が悪い話するなって?ちょっと聞いて下さい。いつかは、たどる道なんですから。

私の妻は、4人姉妹の末っ子です。妻は、スリランカ人です、一応。一応が付くのは、シンハラ語は下手、シンハラ語をうまく書けない、読めない。英語しかできません。おまえは何人なんだと。

FI84513_1E.jpgスリランカで、シンハラ人という紀元前3世紀、アショカ王の時代にインドから渡ってきた人種と、イギリス統治前にインド南部から自発的に渡ってきたインド南部のタミール人(スリランカタミールと呼んでます)と、そしてタミールゲリラでおなじみの、イギリスが紅茶農園で働かせる奴隷として連れてきたインディアンタミール、そして、紀元前からインド洋を航海して、スリランカに住み着いたモスリムのだいたい3人種から構成されてます。

宗教は、シンハラ人の小乗仏教と、スリランカタミール人のヒンドゥー教、下層のカーストがよく改宗する(カーストがなくなるため便利だそうです)キリスト教、そして、イスラム教の混淆です。仏教-シンハラが多数派です。

FI84513_2E.jpg妻の旧姓は、ポルトガル名です。ポルトガルの要塞のあった都市が義父の出身ですので、1/16384(14代前くらい?)ぐらいはポルトガルの血が交ざってるんじゃないか、アハハ、と本人はいってます。妻は、仏教信者ですが、私と同等いい加減な者です。仏教は、お寺参りに行け!とは強制しませんので、都合が良いと云えば都合が良い。

FI84513_3E.jpg一番上の姉は、夜逃げ・駆け落ちして、モスリムと結婚してしまいました。商売はスリランカのスペシャルタスクフォース。2番目の姉は、シンハラでエアランカという航空会社のカソリックのパイロットと結婚。結婚十数年で彼が女を作って離婚。その後、彼女がアフリカで仕事をしていた時に知り合ったプロテスタントのイギリス人と再婚。商売は環境関連を研究している大学教授。3番目の姉は、仏教徒のシンハラと結婚。商売は、建築のコンサルタント。そして、4番目は、私の妻。私の商売は、建築設備のコンサルタント。まあ、スリランカらしい構成になってます。その他にフランス人がいたりカナダ人がいたり、ありとあらゆる国の親戚がおります。やれやれ。

FI84513_4E.jpgさて、こういう構成ですので(あ~、導入部からして長い!)、冠婚葬祭が大変、というわけでもないんですねぇ。特に、葬式は簡単。

まず、イスラムは、死んだその日に埋めなければいけません。土葬です。火葬をするということは、地獄に行く、ということだそうで、タブーです。土饅頭を作って終わり。お参りなんかありません。

小乗仏教は、死んだら、霊魂は体から離れて、輪廻転生しますから、体には何の意味もない、というわけで、火葬。適当に土饅頭作って、灰を入れてお終い。或いはどこかに灰を撒いてしまいます。墓碑も何もありません。キリスト教は、土葬。イスラムと同じ考え方ですね。

さて、困ったのが私です。日本のお寺には、私の13代目でお終いにします。永代供養の金を払いますので、ヨロシクお願い致します、と寺に相談に行きましたら、儂もスリランカに行く!と寺の坊主がいい出して、ま、ま、檀家もあるし、何を突飛な、と寺の家族一同止めました。私の日本の妹も渋々納得してくれましたので、日本はOK。

でも、スリランカで、土饅頭はやだなぁ、と。日本人墓地も有るのですが、それもイヤだと。ということで、墓を自分で設計して、作ることにいたしました。別にスリランカ政府はいい加減ですので、日本政府のように、所定の場所に埋葬しなければいけない、などともいいません。

私の母など、死んでまで先祖代々の墓の中で義父と義母(私の祖父母)と一緒にいたくない、インド洋に灰を流すように、と私に指示してます。やれやれ、遺骨を日本から私は運ぶのか。

で、この前設計したのが、前方後円墳型で、長さ15mの墓にしようと。お釈迦様が悟りを開いた、という菩提樹(?)をインドから持ってきたのがアヌラダプラという所にあります。その葉っぱを盗んで(スミマセン、でも葉っぱです)、遺伝子操作で栽培して(姪っ子が生物工学ですから便利)、それを前方後円墳の上に植えてやれと。場所は、テンゴールというスリランカの最南端で、その向こうは南極まで何もナシ、というところ。ノラ象やノラ孔雀、ノラゴールデンモンキーもいる素敵なところです。

と、このプランを得々として妻・娘に話したのですが、「ばっかじゃない?!」と云われました。妻に一緒に入ろう、と云っても、何で特別の墓なんかいるの?と云われてお終い。真剣なのになぁ。生きているウチから、手間書けないように考えているのに。

さて、みなさんは、どういう葬式を永住の地で考えていますか?(なんて、こんな話誰も読むわけないか。。。(-_-;))

註)写真の美人は私の妻ではありません。コケティッシュなところだけ似てますが。彼女はインドの有名な女優でAishwarya Raiといいます。1994年のミス・ワールドです。そりゃあ、ミス・ワールドだからね。

スポンサーサイト

コメント

あらま。

同じFC2に外部Blog もってらしたんですね。
お墓に関しては たぶんFRANKさんのお母さんと同じ。
私は横浜の海に流してくれ、と言ってあります。
なんで 死んでまでこの世の因縁を
引きづらなきゃならない?です。(#^.^#)

私は仏教の輪廻転生を気に入っています。
日本のは葬式仏教。
本場は、生きている人間に対する仏教。
死ねばすぐ転生するんで、墓なんか要りません。
だから、後は遺族の感傷の問題だけ。
横浜の海に遺灰をまく、で充分。
私も前方後円墳は止めて、灰は焼き場で処分!
これに致しました。
ところで、因縁というのは次の転生に続く場合で、
死んだ時点で今生の家族との縁はなくなると思ってます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://franklloyd.blog68.fc2.com/tb.php/120-1e6032c3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。