スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙飛行中の祈祷の時間とその方向 

マレーシア初の宇宙飛行士選出
マレーシアのアブドラ首相は4日、ロシアのソユーズ宇宙船で国際宇宙ステーション(ISS)に向かう同国初の宇宙飛行士に、整形外科医のシーク・ムスザファルさん(34)を選んだと発表した。マレーシア初の宇宙飛行士を送り出す計画は、マハティール前政権末期の03年、国威発揚のための大型プロジェクトとして決定された。ロシアは、マレーシアがスホイ30戦闘機18機を購入する見返りとして、マレーシア人をISSに送り込むことに合意。ムスザファルさんは約1万1千人の候補者から選ばれた。

ついに、イスラム国家で初めての宇宙飛行士を宇宙に送り出す計画です。しかし、他の宗教、無宗教の宇宙飛行士と違って重大な問題があります。

つまり、宇宙飛行中のイスラム祈祷の時間と、その方向をどうするのか?ということです。

これは重大な問題です。イスラム教徒のお祈りというのは、ワークアウト中毒の人と同じ。お祈りしないと、ワークアウトしないのと同様、精神失調状態となります。ブログ中毒の人でも同じか。ブログを読んだり書いたりしないと、落ち着かないだけじゃなくて精神失調状態になる人。それは、熱心なイスラム教徒のお祈りと同じです。笑ってはいけません。

マレーシア、イスラム教の宇宙飛行士の懸念を慎重に検討
マレーシアは自国の宇宙飛行士を選定しているが、宇宙飛行士が信心深いイスラム教徒の場合、宇宙ステーションでお祈りする方角をどうするのかといった問題を解決しようと検討を進めている。イスラム教では一日に5回お祈りをする。その方角はイスラム教のメッカであるが、宇宙ステーションに搭乗している間はこの要求は大変困難なものとなると見られている。現時点の4人の宇宙飛行士候補には3人のイスラム教信者がいるが、5月には2人を選ぶ必要がある。専門家によると、地球の時間と地球のどの方向に向いているかが重要で、解決には難しい問題がある。

時間に関しては、こりゃあ、メッカの標準時に合わせるしかないでしょうが、方向?!方向?!

そりゃ、無理だよ。

大学院生にお祈りの時間を計算するコンピュタープログラムを開発し、乗員が自分の位置を入力すると自動的にお祈りの時間と方向が出力される。

その乗員が自分の位置を入力というのが問題でしてね。宇宙ステーションが地球の周りを回っている。時々刻々というか、秒単位で位置が変化している。宇宙ステーションそのものも人口重力を発生させるために自転している。メッカが秒単位であらゆる方向に移動している。それをコンピュタープログラムで解決?!無理ですね。。。_| ̄|○

しかしながら、更に難しい問題はお祈りの前に行う沐浴(もくよく)をどうするかである。また無重力環境でどうやってひざまずくのかという問題である。通常の考えでは解決策としてティッシュやナプキンで清めることや、座った姿勢で祈るとか、椅子に体を固定するとかが考えられる。専門家によると、イスラム教法典の原理に従えば、いかなる理由や条件になろうとも行うべき行為は実行されねばならないとしている。

ウェットティッシュで拭く?!グスル(大浄・沐浴)というのですが、

イスラームにおける『浴場』の規定
イスラームの第一の聖典であるクルアーンには、「浴場」の語は現れません。というのもイスラーム開教当時、ヒジャーズ地方には浴場は存在しなかったからです。しがって預言者ムハンマドは浴場を使って沐浴されることはありませんでした。預言者が沐浴されるときには、外から見えないように周りにカーテンを張ったうえで行ったと伝えられています。また初代カリフ・アブー・バクル、二代カリフ・ウマル、三代カリフ・ウスマーンも同様に浴場を使用しませんでした。

マホメットの時代には、圏内に浴場がなかったしシャワー設備だってない。だからコーランにも規定がない。ウェットティッシュでいいんだと思いますがね。もちろん、裸を見られないようにしてということで。

座った姿勢で祈るとか、椅子に体を固定する

そうしておけば、グルグル回転しているウチに、何秒か何十秒か何分かに1回メッカの方を向くだろう、ということでいいんじゃないかと思いますが。。。

そういえば、昨日のCNNのニュースで、サウジアラビアで犬猫のペットの保有を禁止する宗教令が出たそうです。西欧の文化を模倣するな!ということらしいのですが。イスラムは理解できません。

スポンサーサイト

香港の私生児の出生率40%?! 

ずいぶん前に、South China Morning PostのSunday Postを読んでいて、笑ってしまったのが、香港私生児の出生率の記事でした。最近は、DNAチップが普及して、郵便でサンプルを送ると、果たして子供が実の子かどうか、検査してくれるそうです。

この記事によると、サンプルを送ってきた「匿名で出生テストに申し込んだ75人の男性のうちの30人が彼らの子供の父でないと発見」したそうです。妻が、「本当??」と訊くので、「私は香港人ではないので知りません」と答えましたが、しかし、30÷75=40%!!!もちろん、ランダムサンプリングなのか、いつも疑っていたけど機会がなかった男性が申し込んだのかわかりません。しかし・・・男性としては眼をむく数字ではありますね。私の娘は、たぶん大丈夫だろう・・・(香港大学に相談するか??)なんてね。

現代日本では何%なのでしょうか?これは母親だけしかわからん事実ですね。香港の発展と共に、性的に乱れてきた、というのは、日本と一緒ですね。日本より乱れ方のスピードは早いかもしれません。(こんなヤバイ所に何時までもいないで、早くスリランカに帰りたいです)

続きを読む

"Broad"って何? 

今朝のCNNのニュース(2004/02/18のニュース)で、「Pakistan and India」がカシミール問題、国境問題などで、

Broad Understanding

に達した、と報道されていました。

Broad Understanding???

確かに、「Broadcast」とか「Broad Band」とか何となく使ってますが、なんじゃあ、この「Broad Understanding」とは?

ヨメさんに、意味を問うと(家では英語は人間辞書2人組、ヨメと娘がいます)、

「この"Broad"は"extensive(広範囲な)という意味で使っているのよ」とヨメがのたまわれる。

「それは"Wide"と同じ意味なの?」と私。

「"Wide"だと、距離なんかの意味で使われるのね。例えば、誰かが太ったとするでしょ?そのときは、"You become fat!"って失礼よね。でも、"You are wider!"とは言わない。幅(width)は距離的だけど、体が太って、こう横に増えたら、"You are broader!"って使えば、"polite(上品な)"な言い方よね」とヨメ。

「なるほど、すると"wide"は2次元的な使い方で、3次元的には"broad"を使うって事?」

「そういう事。だから、"Broad Understanding"は、ただ横に広がるのではなくって、"extensive広範囲な)"なunderstanding(理解)、agreement(合意)に達しました、という事なの。」

な、なるほど。英語は難しい、って勉強不足なだけですなあ。やれやれ。

と、ここまで書いて、CNN日本語のネットニュースをみたら、たぶん同じニュースをこう訳してました。

「方式や時間枠について、大まかな合意に達した」

ふぅ~む、なるほど、このCNN日本語の場合は"Broad Understanding"を「大まかな」と訳したんですね。でも、この場合はカミさんの言うことの方が辞書を引いても正しい気がしますね。海外発で日本語に訳されたニュースを頭から信じちゃいけないなあ。「大まかな合意」と、「広範囲な合意」では、意味がずいぶん違うもんなあ。。。

小学校での英語必修化問題(1) 

小学校での英語必修化に警鐘、『危うし!小学校英語』の鳥飼玖美子さん

この議論、小学生から英語を習得させないと将来の国際人として危うい!とか、いいや中学生から英語を習得させても充分使い物になる、それよりも英語教師の育成と履修時間の改善をするべきだとか、いろいろ言われております。

対象として言われている小学生、中学生の内、将来何割がそれほど英語を必要とする環境に身を置くのでしょうか?さらには、両親の内一人、或いは二人とも英語を話す能力がある家庭の子供と、両親ともまったく英語を話せない(学校教育を受けたとしても)家庭の子供で、将来英語が必要になる環境に身を置く可能性に差が出てくるんでしょうか?

そう考えると、小学生、中学生の児童総数の内、将来英語が生活の上で絶対に必要という児童は全体の1%もいないのではないかと思います。それもネイティブ並な英語能力を必要とする児童は。

高校から、或いは大学、或いは社会に出てから英語習得して、RとLの発音の違いがわからないけれども、生活に必要な英語ならそこそこその程度は充分という人間の割合なら10%程度になるのでしょう。

それから、両親の内少なくとも一人が英語能力のある家庭の方が、その家庭の子供が将来英語が必要になる環境に置かれる割合が多くなるでしょうが、果たしてそういう家庭の子供に半端な小学校の?英語教育など必要なものかどうか。親から習えばそれで充分ですからね。親が吹き替え無しのハリウッド映画を見ていれば、それを見た子供はRとLの判別はできるようになるでしょう。親が吹き替え映画ばかり見ていれば、いくら小学校で英語を習っても、RとLの判別などできませんね。

言語などと言うものは、単なる道具でして、その習得なるものが日本の場合、しばしば目的になってしまいますが、あくまで言語は道具です。語るべき何ものも体の内に無ければ、或いは語る必要のあるタスクが目前に無ければ、言語能力が卓抜していても使う機会がないということ。

それから、中国人とか欧州人とか多言語を操る人が多い!日本もそうならなければ!なんて危機感を煽る人もおります。シンガポールでも香港でも英語、福建語、広東語、中国語の普通語?(プートンファ)など2~3ヶ国語を操る!なんて日本人は錯覚しますが、じゃあ、聴く話すのレベルは?聴く話すだけではなく読む書くは?とテストしますと、中華言語が優れている人間で英語の聴く話すは優れていても、英語の文章を書かせるとまるでダメ、などという人間が多数おります。よほどの天才でなければ、修得した全ての言語が全てネイティブ並みなんてことはありません。

英国人でも、聴く話すは十分にできますが、作文は全然ダメという落ちこぼれもおります。

結局、将来必要もない(使う可能性のない)生徒?にまで英語を教える必要はありませんし、英語教育に割かれた時間が他の教科の履修時間から振り返られては、算数能力も国語能力も落ちるでしょう。

英語も中途半端、日本語も中途半端な児童を増やしてはいけませんね。それと、不公平になりますが、両親の英語能力で児童の英語能力も決まるということです。

外国語の場合、教師全部がネイティブ並みの能力を持たなければ初等学校教育が寄与する部分は少ないでしょう。そういう教師はどこにいるのでしょうか?ネイティブでも教えられないという人も数多い。日本語を我々日本語ネイティブが全員外国人に教えられるか?ということを考えてみればわかることでしょう。

それよりも、中学高校の英語教師の養成と、資格を厳密にすればよろしい。大学の教師課程と実習での資格で英語教師でござい、というのは問題があります。商社を退職した人間なども採用できるシステムにすればいいのではないかなと。

まず、小学生の全員が全員、将来英語を必要とするかもしれないから、全員に取りあえず教えておく、というこの考えがおかしい。日本国内でそれほど英語の必要性があると誰が考えているのでしょうか?この2010年の英語必修化をビジネスの種にしようとしている英語教師育成機関とか、そこで資格を取って教師になりたいジョブレスな若者とかが必要としているだけでしょう。

たまに海外旅行に行くのに英語を習得する必要はありません。日本人の店員や日本語を話す外国人の店員ばかりの店でショッピングをするのに英語を習得する必要はありません。両親が外国語を話さず、家庭では日本語だけ、海外のTVプログラムも吹き替えで見る、音楽も日本人の歌手のものだけを聴く、そんな家庭の子供が将来英語を必要とする職に就くのかどうか。さらには、英語が必要となった時でも遅くありません。

バイリンガルが多いという国家は、シンガポールにしろ香港にしろ、日常生活と仕事で必要だから一生懸命修得しているわけです。日本のように、経済規模が大きく、全て母国語で済むという社会を作り上げられないからです。

ところが、日本は母国語だけで済む。ウィンドウズの日本語版が英語以外の他の言語版と別格なのはなぜでしょうか?数多くのソフトウェアが日本語版だけは別格なのはなぜでしょうか?つまり、日本語というのは世界の言語の中でもそれだけ力を持った言語だということです。

それから、私の義兄はイギリス人ですが、彼にも訊きますし、アメリカ人にも訊きますが、

「ところで、あなたは英語以外の言語をいくつ話せるの?」?

と。母国語の日本語と英語、プラス東/東南アジアと南アジア?の言語が片言話せる私の勝ちです。。。って、必要だから話すのですがね。。。おまけに、ではイギリス人の義兄に私の建築の英語の仕様書?を作成せよ、と言っても不可能。専門が建築ではありませんので。私の娘も、私の英語をバカにしますが、では、建築の入札書類を作成する手伝いをしてくれ、と言ってもできません。

話す聴くと、読む書くは違うんですね。

小学校での英語必修化問題(2) 

日本人は6年間英語を学んでも、話せない!?

いうかな、いうかな、と思ったら、ほら言った、ちゃんとエントリーを立ち上げてますね、izanamiさん。こりゃあ、ネタを探さなくてもいいから助かります。

・日本人は6年間英語を学んでも、話せない!
・日本人の英語能力は驚くほど低い
・6年間学んでも全く話せないのだ。

ハハハ、海外で会った韓国人も同様なことを嘆いてます。

・韓国人は何年間学校で英語を学んでも、話せない!
・韓国人の英語能力は驚くほど低い
・何年間学んでも全く話せないのだ。

私の今住んでいるマンションに韓国人の家庭が十数戸入居してますが、

英語で話しかけても理解してくれません。まあ、韓国人もその程度でしょう。?

>韓国人は私を含めて英語話せますね

話せる聴けるは結構ですが、どの程度の能力なのか?それが問題です。「英語話せます」なんて言うのであれば、私ですら話せますが、それは話すというレベルではない、というのがヨメと娘の意見です。

>私はケンブリッジ英語検定で上級レベルの試験合格してます。

え~、英語で履修する大学?を受験する際には、こういった英語検定は最低限の条件です。学科が理解できなくては専門教育になりませんので。よく、日本人の方で留学した、卒業した、と言われる方がおりますので、専門は?と訊くと英語と答えられる。ようするに、大学の専門課程の前の外国人向け英語教室で留学が終わってしまったということ。

英語修得は目的ではなく、道具だということをわかっていない。それも英会話といのは専門課程になり得ません、専門が英語ということは、英文学なのか、英文法学なのか修辞学なのか、ということで英会話が専門というと、英会話を教えるのが専門ならわかります。

>日本漢字は中国の真似ですから
>独自の言語を創造できなかった日本民族に他の言語を習得する能力はないでしょう。

韓国人の中にも日本人の中にも英語能力がある、ない、などとピンからキリまでおられますが、必要が有れば修得すればいいだけの話。言語は道具ですから、道具は必要のある時に持ち出せばいいと言うことです。道具を誇るよりも、その道具を使って何が出来るのか?が大事なこと。外国語が出来る、語る能力があっても、語るに足る何かを自分の中に持っていなければ、そんなものは電子翻訳機と同じ話ですね。

日本社会は、日本語だけで十分に生活できるほどの規模を持っていますが、韓国社会は英語などを仕事や生活上必要とするほど他国の支配が強まってきているということになります。通貨も国際通貨ではありませんからね。?

小学校での英語必修化問題(3) 

香港の英語学校でバイトで英語を教えている(エ、偉そうに!)我が娘に訊いてみました。

「何をキミは教えているのだね?」と私。
パスタを食いながら、ものぐさそうに「え~っとね、例えばこの"p-a-s-t-a"という単語があるわよね」と答える娘。
「ふむふむ」
「ちょっと発音してみて?」
「パ-ス-タ」と私。
「ハイ!ダメェ~!」エ、偉そうに!「"p"と"a"と"s"と"t"と"a"を別々に発音してみて」
「"p"、"a"、"s"、"t"、"a"」と私。
「違うんだなあ。。。"p"は『プ、プ、プ、プ、プ』でしょ?」
「プ、プ、プ、プ、プ」と私。
「違う!プ、プ、プ、プ、プ」と娘。
「同じじゃないか?」
「違います!」

根本的に、日本語の発音が身に付いた私や、広東語の発音が身に付いた香港人は、基本的な発音から身につけないとダメなんだそうです。娘は簡単な単語をボール紙に印刷して、ラミネートしたカードを一杯持ってます。

さて、では、私の「パスタ」が通じないか?というと、別段FRANK LLOYDの日本式英語方言でも、「パスタ」などという具体的な事柄は、関連する物が目前にあったりして、発音が正確でなくても通じます。外国人が「橋」と言うところを「箸」と言おうが、文脈で考えて、「ああ、『橋』と言いたいわけね」と思うのと同じで、外国人慣れしている英語国民なら類推してくれます。

じゃあ、「パスタ」だろうが「pasta」だろうが、具体的な物なら良いですが、

The primary side of typical primary-secondary pump systems with dedicated (unitized) primary pumps or manifolded (headered) primary pumps, where chiller isolation valves are closed when pumps are turn off, is inherently a constant volume circuit.

などという工業英語になると、「pasta」は発音できる娘もお手上げというわけです。

[unitize]がせいぜいユニット化する、程度はわかるでしょうが、何がポンプの"primary"で、何が"secondary"なのか、"headered"とは何かがわからない。日本人だって技術者じゃない限り、「ポンプ・ヘッド」と言われたってわからないでしょうし、それが「ポンプの揚程」のことです、と言っても「???」でしょう。(ポンプがどれだけ水を押し上げられるかをメートルやフィート単位で現した概念を『ヘッド』と言います)

「パスタ」だろうが「pasta」だろうが、"rotation"(例えば、rot=rotation=ベクトル場の回転)、"divergence"(例えば、div=divergence of vector field=ベクトル場の発散)はわからんだろう、ワハハ、と溜飲を下げる問題ではない?!

"rotation"なんて言っても、英語国民の普通の奥さんは「移動」という概念しかわからないでしょうし、"divergence"は「発散」?何の発散?と思うだけ。ガハハ、溜飲、溜飲。。。_| ̄|○

と、娘相手に溜飲を下げなくてもいいわけですが。。。とにかく、問題の根本は、英語がいくら正確に発音できようと、イディオムを覚えていようと、ジョークが解ろうと、それとは別なフィールドがあって、それは英語力の問題ではない領域である、ということなんですね。

それを、英語さえできりゃあなんとかなるだろ?という必修化は「パスタ」を正確に"p-a-s-t-a"と発音できる、『橋』と『箸』の発音を区別できる、という程度であります。語る内容(具体的にスピーチを学ぶ、自己表現を英語で出来るようにするとか)まで学習するわけじゃあありません。小学生には荷が重い。

私は英語を小学生に絶対に教えるな、とは言ってませんが、過大な期待をせず、「パスタ」を正確に"p-a-s-t-a"と発音できる、『橋』と『箸』の発音を区別できる、程度とわきまえましょう、と。『橋』と『箸』の発音を区別できない国語力の小学生に(これは例が悪いか?例えば箸と橋の漢字が書けないとか)、「パスタ」を正確に"p-a-s-t-a"と発音させたってしょうがないでしょ?順序の問題でしょ?ということを言いたいわけです。

ああ、溜飲、溜飲。。。_| ̄|○

と、溜飲を下げてばかりいてもしょうがないですが、

早稲田の弁論部とか、政治家とかアナウンサーになりたい人間はそういったサークルに入部して、弁論やディベートの技術を磨きますが、中学校までの義務教育、高校、大学で、弁論やディベートの部分や、論文作成の部分で教えるという作業はあまりないようです。全国ディベート大会(ディベート甲子園-http://nade.jp/)などというのもありますが、あくまでサークル活動で、国語の授業の一貫などではありません。

村社会ですから、相手を口論で言い負かす(?)ディベート技術は普通は必要なかったと思われているのか、米英やインターナショナルスクールで英語の授業の一貫で教える弁論術、ディベート術は日本では教えないですね。対話が苦手になるわけです。

それだけではなくて、作文術も国語の授業では夏休みの読書感想文とかある程度で、英作文、などという授業がある(公立学校は知りませんが私の学校にはありました)のに、国語はない。作文が出来なければ、他人の文章を読んで読解する、というのも難しくなるわけです。特に、婉曲語法や否定の否定などで意味が取りにくくなります。困ったことです。

英語の早期教育が必要、というのは十分条件が整わなければ不可能なんじゃないかと。我が娘ですら教えられる(って、専業でやってりゃわかるはず!えばるな、娘!)、"p-a-s-t-a"の発音を何人の何割の小学校教師が教えられるか?ということですね。それだけの教師、或いは教師補助の人間が集められるか?なんですが。。。有益なのはわかります。"p-a-s-t-a"がわかって、"up"も"at"もわかって、日本語の発音と根本的に違うんだ!という発見を小学生がする、というのは素晴らしいと思います。でも、誰がそれを教えるのか?

帰国子女や混血の子供も段々増えてきましたが、じゃあ、帰国子女や混血の子供に英語を習うか?というと、日本語がおかしいとかで差別の対象になったり、帰国子女や混血の子供が他の子と違うのがイヤで英語を意識的に使わないようにしていたりするとか、日本語的英語の発音で迎合してしまうとか。

日本人が習う際には、権威も必要になるかもしれませんね。フィリピンの人の英語じゃイヤだ、白人ならいいとかね。ウィッキーさんはスリランカ人の株を上げてくれたなあ。。。_| ̄|○

「私の個人主義」 

と、まあねえ、政治の話ばっかり書くと、スリランカはなんて危険な国?!などと誤解を与えます。

陽気で、モディアな。。。おっと、おっちょこちょいのスリランカ人、気にせず生活をしております。

話は違いますが、私の娘、香港のイングリッシュスクールで講師の助手のバイトをしてます。大学入学までまだ4ヶ月あります。で、そのイングリッシュスクールからオファーがあって、正規で働く気があったら、2万ドルだそう、と申し出があったそうです。

30万円。ボーナス付き。

娘、迷っております。まだ、17才なので社会勉強で、大学を1年遅らせようかとか。NZの大学ですから、来年も入学に問題はない。入試がありませんのでね。本人の決断次第です。私も大学に行く前に社会勉強はいいかな、とも思ってます。浪人というわけでもありません。

で、話はまたまた違いますが、娘曰く、もしも容貌がスリランカ人ぽかったら、絶対にイングリッシュスクールで教えられない!とのこと。私の娘は、まず純血の日本人に見えます。だから、イングリッシュスクールで採用されたとのこと。ブラウンはダメなんだそうです。

インド人で経済学のドクターの資格がある女性の知り合いがいます。その女性、大学では教鞭を取れず、ファイナンス会社で働いているとのこと。

「そういう人種差別があるのよ!」

と娘は言います。

「だけどさ、アドバンテストホスピタルでインド人のドクターいるじゃないか?」と私が反論しますと、ヨメは、

「それは何世代も香港に住んでいるインド人で、資本入れているとかもあるからじゃない?ちょっと来ただけじゃ、いくら資格がすごくてもブラウンはダメなのよ」と言います。

「シンガポールはそうじゃなかったじゃないか?」と私。

「シンガポールは国際都市!香港はチンキーの国!」と怒ってます。チンク(し、失礼!)は嫌いなヨメです。

中華系のみなさん、失礼しました。。。_| ̄|○

う~ん、偶然、たまさか、娘は日本人的容貌でしたが、彼女がブラウンだったとしも中身が変わるわけじゃなし。差別ってのは嫌なもんです。

ま、彼女が日本人ガッコに行っていたとしても、混血故の差別はあったでしょう、確実に。日本人もあまり香港人を笑えませんからね。

さて、では、混血とか差別について。

司馬遼太郎さんが書かれておりますが、文明とは普遍化された言語・習慣・習俗なんだそうです。文化というのは、普遍化されていない言語・習慣・習俗のこと。大学の単位に求められている内容は「文明」に関することで、町のカルチャーセンターで教えているような内容は「文化(カルチャー)」なんて理解するとわかりやすいかも。

何が文明で、何が文化か、というのは、正しい、正しくない、という正否の価値観では決められません。普遍化というのは、まあ、たいがいの人が納得する単純化された物ということ。そして、メジャーかマイナーかで、「文明」、「文化」の差が出てきます。

中国文化は、中国文明と呼ばれる物の一部。インド文化もインド文明と呼ばれる物の一部。ヨーロッパもそうです。アメリカはヨーロッパ文明の一部を継承している。ハリウッドは、カルチャーですね。

そこで、日本の場合は、日本文明とは言えない。日本文化です。ただ、人口が多いのと、徐々に世界に浸透したので、疑似文明程度にはなってきましたが、いわゆる(いわゆるで厳密な意味ではないですが)単一民族・単一言語なので、血脈を引いていないと、日本疑似文明を個人で継承するのは難しい、というのが日本社会の通弊。この閉鎖性も文明に昇格しない理由なんでしょうね。

血を尊ぶ日本人ですから、混血にも、上品(じょうほん)、下品(げぼん)があります。古くは、日本に渡ってきた消滅した百済人や漢の時代の楽浪郡が消滅した時の漢族などは、その当時の上品(じょうほん)に相当しましたから、出自を隠す必要がなく、混血でも日本社会内では文明社会から来た、というので尊重されました。今、中国人の混血というのは尊重されないと思います。漢の時代の文明と現在の中国文化は違いますから。

それから、肌の色。白っぽいのがいいのでしょうね。だから、ロシアは文明とは言えませんが、ロシア人との混血でも、一応白なので上品(じょうほん)の部類に入るのでしょう。南アジア人はブラウンですから下品(げぼん)の部類なんでしょうか。例えインド文明を背負っていたとしても。古代は、インドの仏僧が渡ってきましたが、これはその当時のインド文明があったから上品(じょうほん)になったのでしょうかね。

言葉やら持ち物やらが「みんなと違う」だけで差別されるという社会、これはちょっと前まで、横並び一線、企業から個人まで、集団で皆同じ疑似日本文明を理解する秩序を保っていた日本人社会が、高濃度の硫酸に水を一滴でも垂らすと水が気化して硫酸全体が爆発したように反応するのと同じようなものなのでしょうね。でも、これは東アジア社会でも同じで、中国でも韓国でもそれは大小がありますが差別はあるようです。儒教的社会の傾向と、共産主義的、社会主義的社会の傾向とがない交ぜになっているのでしょう。西欧の個人主義的な個々人の独立とは相反するものがあります。

もう、既に、明治の時代に、夏目漱石などが『私の個人主義』の中でもそれを述べています。

『私の個人主義』
たとえば西洋人がこれは立派な詩だとか、口調が大変好いとか云っても、それはその西洋人の見るところで、私の参考にならん事はないにしても、私にそう思えなければ、とうてい受売(うけうり)をすべきはずのものではないのです。私が独立した一個の日本人であって、けっして英国人の奴婢(どひ)でない以上はこれくらいの見識は国民の一員として具(そな)えていなければならない上に、世界に共通な正直という徳義を重んずる点から見ても、私は私の意見を曲げてはならないのです。

夏目漱石が「私にそう思えなければ」と言うのならこれは極めて個人的なことですが、「これくらいの見識は国民の一員として具(そな)えていなければならない」などと、日本人社会のコモンセンスに従うという、或いはコモンセンスを代表した考えを示すというのは極めて集団的なことで、これではまったく個人主義とは言えない。「言葉やら持ち物やらが『みんなと違う』だけで差別されるという社会」なのですから、例え個人の思想、好み、感情、見識であっても、集団を意識しなければいけないような日本の個人主義の貧困があります。しかし、夏目漱石もそうは言い切れない。そこに彼の相克があったと思います。

『私の個人主義』
今のようにただ人の尻馬にばかり乗って空騒ぎをしているようでははなはだ心元ない事だから、そう西洋人ぶらないでも好いという動かすべからざる理由を立派に彼らの前に投げ出してみたら、自分もさぞ愉快だろう、人もさぞ喜ぶだろうと思って、著書その他の手段によって、それを成就するのを私の生涯(しょうがい)の事業としようと考えた

非常に苦しい言い訳、言い逃れに思えます。

ある在外邦人の子供をお持ちの奥さんは、「日本の友人などからはこちらの反日感情を随分心配されますが私がこわいのはむしろ帰国後の日本人の『よそもの差別』です。。。 」と言われます。

明治の時代の方が、むしろ開明的で、社会の中の異人もすんなり受け入れたのでは、と私は思います。それが、大正末期から昭和20年まで、文明への昇華とは逆の、ナショナリズムに日本文化が向かってしまった。鬼畜米英が現在でも生きている社会になっています。だから、イラン人の問題でも、在日の問題でも、文明たり得ない日本文化、日本疑似文明ですから、高濃度の硫酸に水を一滴でも垂らすと水が気化して硫酸全体が爆発したような反応をしてしまうのかもしれません。

本当なら、私達在外邦人が外国居留の後、どんどん日本に戻って、高濃度の硫酸をどんどん薄めなければいけないのでしょうが、逆に、在外邦人は住みにくい日本に戻るのを嫌う傾向が徐々に強まっているようです。それだけ、日本の硫酸の濃度が濃くなっているからなんでしょうが。

外国人に、この希釈をさせるのは無理ですね。硫酸ではなく、水酸化ナトリウムのようなものですから、希釈できない。化学反応になってしまいます。やはり、同じ日本人で、ただちょっとよその文明に触れたという人間でないと希釈できないのかもしれません。

日本人はどこへ行くのか?難しい問題だと思っています。

ゆで加減教えてくれる卵 

これはスゴイ発明です。私好みの発明です。だから、あまり金にならないでしょう。それでも好きです。できれば、殻全面にこのインクを塗布して頂いて、半熟は紫、固ゆでは深紅になるとか、毒々しさを出して頂きたいものですが。。。卵の殻全部をコーティングするようなもので、鮮度が落ちるか。。。

続きを読む

飛行機から強制退去の女性、理由はグッチのバッグ 

g2552_1.jpg飛行機の中でよく見かけるのが、バック・カバンを胸に抱えてしまって、頭上のキャビンスペースにも足下の座席下にも収めない人。そういう人にはフライトアテンダンスが、

「お客様、規定上、全ての持ち物は離陸時にはキャビンスペースか座席下に置く決まりになっております。申し訳ございませんが、キャビンスペースに入れさせて下さい!」

と強行に指示されます。(お願いではなく、これは指示)もしも、離陸時にバックから手を離してしまって、機が加速していれば、どこに飛んでいくのか解りませんからねえ。

infright.gif多少は抵抗する人もいますが、規定上!絶対にダメ!と言われると渋々キャビンスペースか足下に置きます。離陸後、また胸に抱えれば良いだけの話ですから。

ところが、

命よりも大事なグッチのバック、足下なんておいて蹴ってはたまらない、キャビンスペースでヘナヘナにされてはたまらない、ということで頑強に抵抗した人もいるようです。

続きを読む

水着は極小、ダンスは大胆…「マイクロビキニダンス」 

水着は極小、ダンスは大胆…「マイクロビキニダンス」
ダンス自慢のタレント、平野麻衣(23)とRINA(24)が出演したDVD「マイクロビキニダンス」(ベガファクトリー、3990円)が好評だ。平野は身長163センチ、B85・W61・H86というナイスバディーの持ち主。ダンス歴はモダンバレエ7年、ジャズダンス5年というベテランだ。またRINAは身長155センチ、B83・W58・H85の均整のとれたプロポーション。DVDでは2人のセクシー美女が限界ギリギリのマイクロビキニでダンスしまくる。水着もギリギリならカメラアングルもさらに限界ギリギリに迫る。こんなに小さな水着でそんなに激しく動いたら…。見てるアナタも限界ギリギリまで興奮させられるはず。

というニュースがありました。

マ、マイクロビキニ。。。ブラジルなんかでよく着ているほとんど布地なんかないビキニですね。

どういう恐ろしいビキニかというと、この写真を参照下さい。

続きを読む

スローセックス 脱AV「過程」楽しむ 

「愛する人と肌を重ねることがこんなに心地よく、幸せなことだと思わなかった。結果だけにこだわっていた自分がバカみたいです」

確かに、AVばかり見ていたらあれが正常なセックスと勘違いする人間も出てくるのでしょうね。あれじゃあ、疲れるだけです。

と、ところが、香港などでは、若者は日本のAVのDVDを鑑賞して、それを真似だしているそうです。日本語のできない香港人の男性も、この日本語だけは知っている。

イク、イク。。。

よ、よくない傾向だなあ。。。

続きを読む

男児は「〇〇君」と呼べ 

引用した記事の中で、

「なぜ『君』『さん』と呼び分けないのか」と質問した。答えは「男、女という区別の意識を消し、男女共同参画社会を具現すべく、職員会議で決定した」というものだった。えっ!? 何とばかげたことを、と思った。

という一文があります。「男、女という区別の意識を消し、男女共同参画社会を具現すべく、職員会議で決定した」野口さんでなくとも、「えっ!? 何とばかげたことを」と思います。自然にある区別をわざわざ意識的になくすように教育システムにこういう言葉遣いを組み込む必要がどこにあるのか?

『君』という言葉遣いは、幕末の長州当たりの方言が一般化して明治期より人口に膾炙したものらしい。それほど古い言葉ではありません。が、その言語文化が自然に消滅するのならまだしも、原理主義的男女同権主義者の一団が職員会議で決議して、その消滅を決める必要はまずありません。

陽子と中性子の区別はある。それを陽子と中性子の区別をなくせるものか?違いがあるのですからね。だったら男性用時計とか女性用時計という呼称もなくさないといけません。女性専用車両なんてもってのほかです。トイレも更衣室も男女兼用にしなければいけない。男性が女性の髪型をしたとしてもそれは自由で、変な目で見てはいけません。冗談ではない。物理的な性別の違いが厳然とあるのだから、それを差別にネタにしなければ、別に区別したって何ほどのことがあろうか?区別と差別は違うのにそれがわからない教育者がいるということなのでしょうね。

続きを読む

知花くららさん、ミス・ユニバース2位 

ミスユニバース2位の知花くららさんのブログ
Karakui
Miss UniverseR 2006: JAPAN
From Okinawa to the universe
Newly crowned Miss Universe Japan, Kurara Chibana
missosology.org

日本人4人目の入賞、知花くららさんユニバース2位
 2006年ミス・ユニバース・コンテストが23日、ロサンゼルスで行われ、日本代表の知花くららさん(24)=沖縄県出身、ロイター=が2位に輝いた。
 ミス・ユニバース・ジャパン事務局によれば、日本人の入賞は1959年に1位になった児島明子さん、03年に五位となった宮崎京さんらに続き4人目。
 知花さんは上智大文学部卒。民族衣装部門では日本の戦国武将のよろい姿をアレンジした衣装で登場し、最優秀賞を受賞した。
 06年のミス・ユニバースはプエルトリコ代表のスレイカ・リベラ・メンドーサさん(18)。米メディアによれば、メンドーサさんは発表直後、緊張と暑さのためか気を失う場面もあったが、すぐに回復したという。

若年層の就労に関する意識調査 

明治安田生活福祉研究所「若年層の就労に関する意識調査」
 フリーターになった理由で「夢を実現するため」と回答した割合は男性(17.8%)が女性(10%)の倍近くになった。一方で夢追いフリーターの割合は35~39歳になると20~24歳の約半分以下に。35~39歳の大半が「自分の病気」「失業」を理由として挙げており、20代と30代でフリーター事情が異なる現実が浮き彫りになった。
 調査は3月23日~27日に「自分はフリーターだと思う」と回答した20~39歳の派遣・契約社員やパート・アルバイトの男女669人に対してインターネットアンケートにより実施された。
 フリーターになった理由のトップは男女ともに「自分に合う仕事を見つけるため」で男性29.8%、女性21.6%となっている。2番目では男性は「正社員として就職できなかったため」(20.9%)女性は「自分の病気やケガ」(18.1%)と続く。「夢を実現するため」と回答したフリーターは男性で3番目だった。
 夢追いフリーターが追いかける職業は「芸能・芸術関係」が35.1%、続いて「資格で身を立てる職業」27.7%となった。一方、学校中退者のなかでは夢追いフリーターはわずか2.6%。大半を"何となくフリーター"(33%)が占めた。

続きを読む

'Women only' signs make Japan's men fume 

"'Women only' signs make Japan's men fume" by JULIAN RYALL in Tokyo
AT THE time, most people agreed it seemed a good idea: carriages on Japanese commuter trains set aside specifically for females would dramatically reduce the number of women being molested by the chikan who get their kicks by having a sly fondle among the tightly packed bodies. And it worked. The idea was so effective that it was quickly adopted by numerous train companies across the country, with pink signs adorning certain carriages warning men to keep their distance. What is less welcome, however, is the sudden embracing of an entire male-free environment by whole sectors of the Japanese service industry.
通勤電車に女性専用車両を設けるというグッドアイデアは、満員時の痴漢による猥褻行為を激減させると して多くの賛同を得て、とても順調に行った。非常に効果があったために、このアイデアは国内中の多数の鉄道会社によってすぐに採用され、「男性の乗車はご遠慮ください」というピンクの標識が掲げられた。 しかし、歓迎できないことに、「男性お断り」の環境は日本のサービス産業の全てのセクターにおいて、広く急速に採用されることとなった。

続きを読む

ゴリラなど野生動物の肉、欧米で違法販売 

日本に対して、鯨の肉を食べるなど野蛮人の証拠とか言われる欧米人ですが、ゴリラやチンパンジー、ワニ、アンテロープなどアフリカの野生動物の肉が食用として市場に出回っているなどというと、これは机以外の四つ足は何でも食す中国・広東省の人間と同じ。鯨を食べるのと何の違いがあるのかなと思ってしまいます。

ゴリラなど野生動物の肉、欧米で違法販売(2006.07.06)
ゴリラやチンパンジー、ワニ、アンテロープなどアフリカの野生動物の肉が、欧米の市場で食用として違法に販売されていることが明らかになった。米科学者が5日、英科学誌ニューサイエンティストで、調査報告を発表した。
カリフォルニア大学バークレー校のジャスティン・ブラッシャーズ助教授がボランティアと一緒に調査した結果、パリやブリュッセル、ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルス、モントリオール、トロントなど欧米の各都市で、様々な野生動物の肉が違法に売られているのを確認したという。
ブラッシャーズ助教授は、「チンパンジーとゴリラの体の一部分が、27カ所で売られていた。いずれの場合も、体全体が完全な形ではなかったが、手や脚、頭部なども売られていた。アフリカの野生動物の肉が、アフリカ以外の大都市で売られていたことに、非常にショックを受けた」と述べている。
売買が確認された肉は、ゴリラやチンパンジーなど霊長類のほか、げっ歯類やは虫類、鳥類など、多岐にわたっていた。貧しいアフリカの人々にとって、野生動物の肉の売買は、現金収入を得る手段になっているという。
しかし、乱獲によって野生動物が絶滅の危機にさらされるほか、野生動物の肉を口にすることで、人間にとって危険なエボラ出血熱やエイズウイルスに感染する可能性があると指摘。野生動物の肉の取引に懸念を示している。

『日本で確実に進行中 階級社会の恐怖』に関して2 

私はコメントを頂くのが大好きです。

普通は、自分のエントリーの発言に関しての好意的なコメント、共感を持ったというコメント、ほめられているコメントを頂くのが好き、という人が多いのでしょうが、私は、私のエントリーに関して、それは違う!というコメント、悪意を持ったコメント、反感を持ったというコメントも大好きです。(むしろそっちの方が好きだったりして。。。_| ̄|○)

MLやいろいろな席などで、昔からディベートするのが好きでした。ディベートというのは、ディベートって何?を読んで頂くとわかりますが、対手はまず絶対に自分と同じ意見という人はいません。対立する意見を持っている人がほとんど。もちろん私が言うディベートは公的な物ではなく私的な物です。

続きを読む

日本で確実に進行中 階級社会の恐怖 

ご本人がコメントを残して下さったのか、さてまた別人28号なのか知りませんが、せっかくのコメント、尻切れトンボで、この本読めとか、バカとか、本人ならばジャーナリストで作家という肩書きが・・・と情けなくなります。ということで、2005年9月3日のエントリーですが、日付を変えて再録致します。コメントの続き、よろしくお願い致します。いくら書いても構いませんから。。。

註)下記の林信吾氏関連の記事はリンク切れになってました。。。_| ̄|○
註)下記のエントリーは、林信吾氏の著作の引用が一部含まれているリンク切れの記事に対しての感想です。林信吾氏の著作、送って頂ければ読んであげます。香港は日本の本は高いんですよ。もっと、金を出して読む本が他にあるので。。。

参考1:
◆貧困率の高い国――日本
階級社会の恐怖、お金の力学、教育格差などについての走り書き
しのびよる「階級社会」の恐怖★
参考2:林信吾氏著作
しのびよるネオ階級社会
ニッポン不公正社会

日本で確実に進行中 階級社会の恐怖
ひとたび貧乏になったら、その子供はもちろん子々孫々まで貧乏から抜け出せない――日本は今、そんな「階級社会」に突入しようとしている。本屋に行けば「不平等社会日本」「日本の不平等」「しのびよるネオ階級社会」といったタイトルの本が並んでいる。「昔から貧富の差はあったし、オレはそこそこの収入がある“中流”だから大丈夫」なんてタカをくくっていると大変なことになるぞ。

いやいや、当たり前のことを当たり前に言う、それをさも特別なこととして言う。コネ、情実。昔からありますよねぇ~。と、何を言っているんだ?と思って読んでいると、

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。