スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アジアの人口、男女比問題なら朝日新聞より"Letter from Ceylon"の方が正確だ! 

性選択妊娠中絶に関して書きましたので、関連した2006年昨年の今頃のエントリーですが、別ブログから再録致します。

2006/1/14朝日新聞国際6面の記事から

意識して読まないと、ふ~ん、と読み流してしまう記事です。それに誤解を生む記事。内容自体は非常にいいのにもったいない話なんですが。まずは全文をそのまま引用すると、

20年で女児1000万人堕胎インド大学教授ら論文発表
 インドでは生まれてくる子どもが女児とわかると堕胎する例が多く、過去20年間で1千万人の女の子の命がつみ取られた-カナダとインドの研究者がこのほどこんな論文を発表し、波紋を呼んでいる。
 トロント大学のジャー博士とインド北部チャンディガルの医学教育大学院のクマール教授のグループが、インド政府の「特殊出生・死亡調査」(1998年、対象110万世帯)を分析し、英国の有力医学誌「ランセット」(9日付電子版)に発表した。
 対象世帯で97年1年間に生まれた子どもは約13万4千人。男女比を検証したところ、全体では、男児1千人当たりの女児の数は899人で、世界平均より低かった。
 このうち第1子が女児の家庭の第2子について見ると、男児1千人に対する女児は759人、第1子、第2子とも女児の家庭の第3子は719人と女児が極端に減り、不自然な少なさが明らかになる。第1子が男児の家庭の第2子では、男児1千人に対して女児1102人、第1子、第2子とも男児の場合の第3子は1176人で、むしろ女児の方が多かった。
 調査グループは、偏りの理由を「出生前の性別診断で女の赤ちゃんとわかった場合に人工妊娠中絶をしている可能性が最も高い」としている。この傾向は、農村よりも都市部、母親の教育レベルが高いほど顕著で「超音波診断の普及率や、診断を受けられるだけの経済力と関係がある」と分析している。
 調査結果を全人口に当てはめ年間50万人の女性胎児が妊娠中絶されていると試算。超音波診断が広まったこの20年で約1千万人が生を授かれなかった可能性があり、人口構成の大きなゆがみにもつながると指摘した。
 インドでは、一家の跡取りであり、労働力となる男児の誕生を強く望むうえ、結婚時に花嫁側が花婿の家に高額の金品を贈るダウリー(婚資)の習慣も広く残っているため、女児を嫌う傾向がある。不自然な男女人口比はかねて指摘され、堕胎や嬰児殺しが行われていると女性人権団体などが批判していた。

わかりました?内容が?

続きを読む

スポンサーサイト

■近未来■ロボワイフ 

2024年1月18日(木)
中国新華社電

20世紀後半から始まった性選択妊娠中絶

特に、顕著にその影響が現れたのが世界最大の人口を誇ったインド及び中国の二国でした。

中国の場合は、一人っ子政策のため、伝統的な中国家庭は跡継ぎとなり、社稷を祀る男子を誰もが欲しました。そのため、発達し廉価となった医療サービス、特に、超音波診断による胎児検査により、人々は胎児の性別を知ることができました、

もちろん、数多くの我が国民家庭は性別によって妊娠中絶するという愚を犯しませんでしたが、一部の反動分子、ジェンダー主義者は性選択妊娠中絶を行い、罪もない女児胎児が数多く中絶される結果となりました。

通常、自然分娩における男児と女児の出産比率は、1.05:1.00程度となります。新生児男児の死亡率は常に女児を上回るため、この比率は男児女児が成人する20歳前後において、ほぼ1.00:1.00に落ち着きます。

ところが、1990年頃から、偉大なる中国共産党がこの忌まわしき性選択妊娠中絶を禁止する2021年にかけての約30年間に、中華人民共和国で誕生する新生児の男児女児比率は、平均1.17:1.00となったという統計結果が党中央に報告されています。つまり……

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。