スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レセプト?! 

日本経済新聞の2005年1月22日(土)☆14版。第1面に載っていたわけのわからない外来語。安倍首相も所信表明演説で使っていたレセプト。新聞もわけのわからん外来語を使ってます。安倍首相の文句を言えるのでしょうかね?

さて、

明細書、患者に開示
厚生労働省はは診療にかかった費用を示す「診療報酬明細書(レセプト)」について、医療機関が患者に開示するよう四月から義務づける。

レセプト????

新しい単語だろうか?なんだろう?ドイツ語であろうか?

レセプトは3面「きょうのことば」参照
なるほど、と思って3面へ。

きょうのことば - レセプト
病院や診療所が医療費を請求する際の明細書

???明細書???

明細書だったら、「statement」じゃないの?或いは、「a detailed statement」でもいいですが。わからないので辞書を引くと、

Rezept(=処方箋・調理法)の日本語形。保険医が、健康保険組合や地方公共団体に請求する時の診療報酬明細書。

とあります。ドイツ語じゃないか?!一応辞書に載っていますが、これは医学分野での専門用語でしょうが!私たち医学分野外の人間にわからないでしょうが!おまけに、この「Rezept」ってのは、英語で言えば「receipt=カタカナ語ではレシート、発音はリシート」でしょうが?

なあにが、こんなわけのわからない専門用語をさも新しい言葉のように「レセプト」なんて書いてあります。なんですか?ドイツ人相手に医学はあるわけですか?でも、本場ドイツでも「Rezept」なんだろうか?それから、さもカッコよさげに「-ze-」を「-セ-」なんて発音してますが、なんだかなあ。ドイツ語だからこれで良いというのでしょうか?

でも、「Red Zepellin」は「レッド・ツェッペリン」でしょうが!どうせカッコを付けるのなら「-ツェ-」として、「レツェプト」じゃないのか?

毎週、私のところには「Bank Statement(口座明細書)」がまいります。香港だから「Bank Statement(口座明細書)」なんていってますが、日本にいれば、「バンク・ステイトメント」なんてわざわざ言わない。「銀行の口座明細書」で十分です。それを、なにかね?医学分野だと、診療報酬明細書を、語源も何も開かさず、一般人の人口に膾炙(かいしゃ)していない「レセプト」を使うのかね?

こういう日本語で用が足りるのにもかかわらず、わざわざカタカナ語で、それもポピュラーでない用語を使うのは、どうなんでしょうかねえ。信じられないね。

では、これから、日本で病院に行ったら、会計の時に「レセプト下さい!」と言えば、100%通じると思って良いのですね?日経新聞さん!それとも、「レツェプト下さい!」ですか?「診療報酬明細書」下さい! 」と言ってはダメなの?

「レッド・ツェッペリン」と読み、尚かつ、「レツェプト」と読むか、「レッド・セッペリン」と読み、尚かつ、「レセプト」と読むか、

どちらかに統一するか、或いは、

「レセプト」などという一部医学関係者しか使わない用語をあえて使わず、日本語で「診療報酬明細書」と使うか、

報道機関である限りハッキリした方がいいでしょうな。

え?日本経済新聞社殿?

おいおい、日経新聞殿だけではなく、朝日新聞殿も毎日新聞殿も読売新聞殿も産経新聞殿も一緒だからね。全部まとめて、日本語能力欠如新聞社群とでも言っておきますか。

言うだけ無駄か。。。挫折、挫折、楽しいなっと。。。_| ̄|○

スポンサーサイト

スリランカの花 - キーホルダー 

スリランカの花 - 蘭
このは何のだろう?蘭?
香港のテレビで放映しているキャセイパシフィックのコマーシャルがあります。

ロココ調の会議室のような一室。そこに、弁護士と、亭主とカミさんが。

カミさんが叫んでます!

「10年!10年!この人は、10年間、海外に出張してキーホルダー一つ私に買ってきてくれた事がない!」

カミさんは離婚届と思われる書類にサインをして、足音高く部屋を出て行きました。

すすり泣く亭主。

クリネックスの箱を渡す弁護士。

・・・

場面が変わって。

弁護士はキャセイの機内にいます。デューティーフリー品のカタログペラペラめくる彼。あるページでめくるのをやめ、フライトアテンダンスを呼び止めます。

「このキーホルダーくれる?」

・・・

_| ̄|○

私は、キャセイパシフィックに苦情を申し出ようかと思ってます。こんなんで離婚防止になるのか?!

・・・

しかし、考えてみれば、キーホルダーで済む話。

・・・

私の実物のヨメさんがニヤリとして、言いました。

「まさか、キーホルダーだけ、という事はないわよね?」

_| ̄|○

・・・

独身者とは妻を見つけないことに成功した男である
by アンドレ・プレヴォー

勝ち組だ!

裕福な独身者には重税が課されるべきであろう。ある人間が他人よりも幸福であるというのは不公平だ
by オスカー・ワイルド

私の人生。Pay backはないのでしょうね。。。

女を腕の中に抱くと――やがて腕にぶらさがられ――そのうち背負うことになる
by サシャ・ギトリー

せめて、相手にはダイエットをさせましょう。

女たちは私には象と同じように思える。眺めるのは好きだが家に欲しいとは思わない
by W・C・フィールズ

象・・・そこまでいいませんが・・・カバ・・・言えない・・・キリンでは?

私は男でなくて幸せだ。もし男だったら、女と結婚しなければならないだろうから
by スタール夫人

女性も思っているわけですね。

結婚した人々の唯一の楽しみは、他人の結婚に立ち会うことである……悪魔的な楽しみだ
by ラモン・ゴメス・ド・ラ・セルナ

それで、披露宴の時みんな男性はニヤニヤ新郎を眺めているのですな。御同輩、我が倶楽部へようこそ!

離婚の動機ですって?ありますとも、弁護士さん、私が結婚しているということです
by エミール・ポラック弁護士

必要にして十分な動機。

人は判断力の欠如によって結婚し、忍耐力の欠如によって離婚し、記憶力の欠如によって再婚する
by アルマン・サラクルー

記憶力の欠如によって再婚・・・現在で満足しようっと。

頭のいい男は良い夫ではありえない、なぜなら彼らは結婚しないから
by アンリ・ド・モンテルラン

す、するどい!

女たちを知れば知るほど、私は自分の手の方をいとおしく思う
by ショロン

手は何も欲しがりませんからね。奉仕するのみ。

え?少子化を助長するって?

_| ̄|○

スリランカの花 - ミネルヴァの梟は迫り来る黄昏に飛び立つ 

スリランカの花 - 蘭
ミネルヴァの梟は迫り来る黄昏に飛び立つ
"Die Eule der Minerva beginnt erst mit der einbrechenden
Daemmerung ihren Flug."

by Georg Wilhelm Friedrich Hegel

ミネルヴァの梟は迫り来る黄昏に飛び立つ
by ヘーゲル

英知や哲学の象徴の梟が夕暮れに姿を見せるように、
 歴史や世界の現象は最終にようやく意味が解る


ミネルヴァはギリシャ神話の知恵の女神アテナのこと。そのミネルヴァのお使いが梟(フクロウ)。一日の終わり、世界が死に絶えようとしている黄昏の時、ミネルヴァの梟は飛び立つ。その飛び立つ先は、彼の住む森なのか、はたまた別の森なのか。森が死に絶える時、ミネルヴァの梟も森を追われる。

スリランカの花 - 自分のせいだと思うのだろうか? 

スリランカの花 - 蘭
綺麗なには毒があるか?
どうして、たいていの男は、悲しむ女を前にすると、その悲しみが何らかの形で自分のせいだと思うのだろうか?
by Arthur C. Clark "THE GARDEN OF RAMA"

あれ?何故でしょうね?

目前にいる彼女が突然ふさぎ込む、こういうことはままあるものですが、男は、そりゃあ目前にいるのが自分なのだから、当然、自分のせいだと考えます。当然ですね。

しかし、

苦悩こそが人生の真の姿である。
われわれの最後の喜びと慰めは、
苦しんだ過去の追憶にほかならない。

by ミュッセ

というのを男は自室で一人の時に悶々と致しますが、女という生物は自室で一人の時に悶々と致しません。好きな男と一緒の時も、苦しんだ過去の追憶とやらを悶々と一人の世界に閉じこもって悲しげな顔でするもんです。面前にいる相手の男はたまったもんじゃない。自分のせいだ、と思いこむのも当たり前です。でも、違うんですねえ。

いま、男と食べているパスタを見て、過去の男と食べたパスタの苦い味を思い出し、悲しみが沸々とわいてくるわけです。

そして、考えるのは過去のこと、現在のことだけではありません。未来のことまで考えはじめます。

か、悲しい。。。

勝手に悲しがっていて欲しい。できれば、自室で一人の時に悶々としてください。せっかく、高い料理をおごっているのに、悲しい顔をされて、あたふたする男の立場も考えて下さい。

こういうふうにすることもできたろうに!と思い悩むことは、人間のなしうる最悪のことに他ならない。
by リヒテンベルグ

と、最悪のことをとくとくと行うのが女です。

ああ、あの時、あの男とこうしていればこうなったのに。。。というのを今の男の前で平然と考え込むのが女です。やれやれ。

愛ですって?
お人よしね、あなたは。
この世にそんな奇蹟のようなものがあると思っていらっしゃるの?
私はそんなものを信じやしない。
誰かの発明よ。みんなはまわりでわいわい言ってるだけなのよ。

by イプセン

そうそう、そんなものを信じているのは男ばかりなり。

恋愛とは女が男を追いかけることだ。
女のほうはじっとしているのだから、女は男を待っているかのように見えるが、
それはクモが無邪気なハエを網のほうへひきつけるのと同じやり方なのだ。

by バーナード・ショー

私たち男性は、単なるハエですよ、ハエ。女郎蜘蛛に食われてしまうハエでございます。

。。。_| ̄|○

スリランカの花 - 女性は恋をすると綺麗になる? 

スリランカの花 - これは蘭でしょ?!
性本能なしにはいかなる恋愛も存在しない。
恋愛はあたかも帆船が風を利用するように、この粗野な力を利用する。

by オルテガ・イ・ガセー

女性は恋をすると綺麗になる?

このことにオルテガ・イ・ガセーの格言は関係するようですね。しかし効率悪いですね。科学技術が進歩しても『帆船が風を利用するように』いつまでも風(性本能)まかせなのでしょうか?

その疑問にアプローチするためには「女性は恋をすると綺麗になる」仕組みを調べた方が良さそうですね。

さて、

続きを読む

スリランカの花 - 女性は三つの妄想を抱いている 

スリランカの花 - これも蘭でしょ?!
一般に女性は三つの妄想を抱いている。
第一に、結婚が男を作り変えるだろうということ。
第二に、かつて自分を拒んだ恋人は、生涯失恋の痛手をこうむるだろうということ。
第三に、他の女達がその辺にいなくなりさえすれば、彼はやがて戻ってくるだろうということ。

by マイルトル・リード

「結婚が男を作り変えるだろう」。。。希望的観測。三つ子の魂百まで、というでしょ?私がいうのだから間違いありません。

でも、男性だって女性に妄想を持ってますが。。。

美しい女にはやがて飽きがくる。
善良な女には決して飽きはこない。

by モンテーニュ

おおお!こ、これは美しくない女にとっての救いだ!。。。って、美しく、善良な女は、天下無敵だ!ということ?。。。ゴ、ゴメン!

女は愛されることを求め、
理解されることを求めない。

by ワイルド

ワイルドさん、ワイルドさん、だいたい、あんた、男性が女性を理解できると思うの?女性が女性を理解するのさえ難しいのだよ。(ああ、女の友情のなんとはかない事か。)

しかし、愛には純粋なエッセンスよりもこういうエッセンスが含まれているようですな。。。

性本能なしにはいかなる恋愛も存在しない。
恋愛はあたかも帆船が風を利用するように、
この粗野な力を利用する。

by オルテガ・イ・ガセー

やれやれ、昔あこがれたプラトニックな愛ってのはないのですか?。。。ないのですね。。。

愛する人に本当のことを言われるよりも、
だまされているほうがまだ幸せなときがある。

by ラ・ロシュフーコー

でもね、だまされているのが解った時には。。。まあ、よくあることです。

女は初めてできた恋人をいつまでも離すまいとする。
第二の恋人が出来ないかぎり。

by ラ・ロシュフーコー

そんなもんですね、人生なんて。男は?に、似たようなものか。。。_| ̄|〇、;'.ゲフォッ

人を誘惑することのできないような者は、人を救うこともできない。 
by キルケゴール

ハハハハ、きついわ、これは。でも、確かにそう思います。宗教家なんてみんなそうじゃん?

スリランカの花 - 憎む者を愛してやることはできません 

スリランカの花 - これは蘭でしょ?!
自分を憎む者を愛してやることはできますが、自分が憎む者を愛してやることはできませんよ。
by トルストイ

あ!トルストイさん、これは言えてる!「自分が憎む者」が「自分が愛する者」に転化するまでは、そりゃ無理だ!私はネットのアラシを充分愛することはできるね。好きだなあ、アラシ。来ないかなぁ~。削除しないですけどね。汚い言葉を使っていると削除しますが。私はサドかなあ~。相手の人格が崩壊するまでやりたい。。。_| ̄|○

憎しみは積極的な不満で、嫉妬は消極的な不満である。したがって嫉妬がすぐに憎しみに変わっても不思議はない。
by ゲーテ

あ!ゲーテさん、これまた納得!しかし、憎しみはアクティブですので、解消の余地がありますが、嫉妬は、待ちの姿勢だから相手次第で、これは欲求不満状態ですね。誰かが言ってましたっけ?「嫉妬されるなら憎まれた方がマシだ」って。

誤って伝わった自分の印象ゆえに愛されるより、むしろ真実の自分の姿ゆえに憎悪されるほうが気持ちがよい。
by ジイド

『狭き門』のアンドレ・ジイドさんだから、こういう風に潔癖に言えるのでしょうが、凡人の私には無理。良いように伝わった私の誤解された姿なんて、それを、実は。。。なんて訂正いたしませんがな。ま、受け取り方は自由ですから。でも、「何も感情を持たれないよりは憎まれた方がマシだ」というのも言えますね。

我々がある人間を憎む場合、我々は彼の姿を借りて我々の内部にある何者かを憎んでいるのである。
by へルマン・ヘッセ

おっと、私の好きなヘッセさんのお言葉。このバリエーションで、「私は私の内部にあるものをまったく持っていない人間を愛することも憎むことも出来ない」というのがありますね。近親憎悪というヤツが一番深く醜い怒りなのでしょうか?

我々は、それが卑俗な行為だと自覚していても、抑制することは不可能である。なぜなら、そうした行為は原始的な悦楽を満足させるから。
by ウゴ・べッティ

この「それ」にはいろいろな言葉が当てはまりますが、原文の「それ」は、「サドマゾ行為」であります。だけど、まあ、なんともこの「それ」に当たる卑俗な行為が多く、それで、私たちは、なんともいつも「原始的な悦楽を満足させ」ていることか。こりゃ、しょうがないよね?大脳皮質の薄っぺらな表層を剥げば、そこにはワニの脳みそが控えている、それが人間なんですから。人のことは言えません。

まあ、喜怒哀楽という感情は、これは理性だけで、或いは、大脳皮質の灰白質の動きによりません。これは、その下層のワニの脳ミソから出た信号である場合が多い。聖者でもナシ、喜怒哀楽、噴出するままに生きてみるのもいいのかも。って、それではケダモノですって?

スリランカの花 - 世界中に復讐する権利を手に入れるのよ 

スリランカの花 - さっぱりわからん?!
ひとつの愛に裏切られたって理由だけで、女は世界中に復讐する権利を手に入れるのよ。
by 矢作俊彦

愛も復讐もみんな女神なのは何故でしょうか?過去とか未来とか時間に関わるのは男神なのは何故でしょうか?時間にとらわれない感情をつかさどるのは女なのですね。裏切りませんので、世界中に復讐し始めるのはお止めください。

男はみんな嘘つきで、浮気で、にせもので、おしゃべりで、偽善者で、高慢かそれとも卑怯で、見下げはてたものであり、情欲の奴隷だ。女は、すべて裏切り者で、狡猾で、見栄っぱりで、物見高く性格が腐っている。・・・・しかし人の世にはただ一つだけ神聖な、崇高なものがある。それはこんなにも醜悪な二つのものの結びつきなのだ。
by ミュッセ

醜悪な二つの存在がいつもいがみ合っているのは、いやはや何ともと思いますが、性が二つしかないからしょうがないよね。性が三つあったらどうなるんでしょうか?少子化が進みすぎて人類は絶滅するかもしれません。そう言えば、世の中、3Pとか、4Pとか、男性が複数で女性を犯す、なんてのが、いまどきの流行(ビデオの世界だけでしょうが。。。え?そうでもないですって?そんなもの一般化させない方がいいのでは。。。)らしいですが、あれってね、女性を通しての間接的な男色・ホモセクシュアル行為なんだそうです。精神科の医者がそう言ってました。

女に対して絶対にウソをつかないという男は、女の気持ちがまるでわかっていない男である。
by オリン・ミラー

ロバート・B・パーカーのジェシィ・ストーンシリーズで、前妻をストーキングして、前妻にジェシィ・ストーンが「後を付回してスマン」ということを告白いたします。ジェシィ・ストーンは、常に前妻に真実を告げなければ、男がすたると思い込んでいるそうです。女は、自分の耳に心地よい事実しか受け入れませんよね?そうでしょ?そうなんでしょ?

「愛することから始めて反感に達する場合には、けっして愛には戻らない」のですから、ネガティブなことは言わない方が、反感の総量も増えなくっていいということ。「あなた、絶対に怒らないから、本当のことを言って頂戴!」と言われて、数々の男性が本当のことを言って、地獄の底に沈みました。これを読んでいるあなた、見に覚えがありますね?

以上引用した言葉は、私が言っているものではありませんし、誰にでも当てはまるものではないでしょう。

これを読んでいる賢明な女性の方々は、愛に満ち溢れ、反感も理知と理性で捻じ伏せる心優しき女性の方々ばかりと思います。これを読んでいない女性だけですよ、以上の言葉に当てはまる女性は。。。。。。。。。。。。。。。。。。たぶん。

スリランカの花 - 私の幸福にはなんの関係もないことです 

スリランカの花 - スイレン
記者会見で「あなたは相対性理論を理解していますか?」
と聞かれ、アインシュタインの2番目の妻エルザは、
「夫は何度も説明してくれましたが、私には理解できませんでした。
 でもそれは、私の幸福にはなんの関係もないことです」

by エルザ・アインシュタイン

女性にとっては、男の仕事の内容などどうでもいいこと。かといって、仕事の話をしないと疎外されているように感じるのも事実。詳しいことは説明せずに、女性に、「自分には何でも言ってくれるのだ。。。」という感覚を与える程度の情報を与えて細部は説明しないのが賢い男性のやり方かもしれません。誰にでも当てはまるものではないでしょうが。。(と、またまた逃げておこう。。)

友情という言葉は、女が好んで口にするたいへん素敵な言葉だ。あるときは恋を招き入れたり、あるときは恋にひまを出したりするための。
by サント・ブーヴ

あ!これは覚えがあるなあ。「いい友達でいましょう。」と言われるのは、一応キープはされている、予備にはなっていますが、「もしものための。。。」程度ですからねえ。でも、「友達」程度ならいいですが、飯用とか脚用とかで使用されるんではたまりません。私の場合、「いい友達でいましょう。」から再度昇格して、「やはり、あなたでないといけない。。。」というチャンスを与えられたこともありますが、丁重にお断り申し上げました。冗談ではありません。誰にでも当てはまるものではないでしょうが。(と、逃げておこう。)

スリランカの花 - なぜ家庭にそそげないのか? 

スリランカの花 - なんだろ?
女には、どうしてもわからないテーマが一つある。男は仕事に注ぐだけの熱情をなぜ家庭にそそげないのか、ということだ。
by D・デックス

前回に引き続いて、私が言っているのではありません。D・デックスさんが言っています。私に八つ当たりしないで下さい。私は、仕事に注ぐ熱情以上に家庭に熱情をそそいでいます。仕事そのものが、家庭のため、妻のため、娘のためなのです。その事をなぜ妻は、娘はわかろうとしないのか?多少、仕事で帰りが遅くなっても、それはあなた方のためなのです。ゆ、許してください。。。

男には、どうしてもわからないテーマが一つある。男は家庭のために仕事をしているのに、それがあたかも仕事がすべてのエクスキューズだと女性が考えることである。
by FRANK LLOYD

私だって、仕事をしないで済ませるなら、とりわけ怠け者の私のこと、仕事なんて致しません。毎日、家庭にこもって、ありったけの愛情を妻と娘にそそぎます。毎日、毎日、365日。三百、六十、五日、さん、びゃく、ろく、じゅう、ご、にち。。。し、死ぬかもしれない。。。ちょ、ちょっと仕事していい?男のレーゾン・デトール(存在意義)というものが。。。

結婚するとき、私は女房を食べてしまいたいほど可愛いと思った。今考えると、あのとき食べておけばよかった。
by アーサー・ゴッドフリー

これだって、私が言っているのではありません。アーサー・ゴッドフリーさんが言っています。私がこの言葉を選んだからといって、何も恣意的に、意図的に、女性への嫌がらせで選んだわけではありません。また、カミさんになんらの不満があるわけでも、現在の結婚に不満があるわけでも、「あのとき食べておけば」食中毒を起こした、などというたわけた考えを持っているわけでもありません。あの時、料理して、他人に食べさせておけば。。。め、滅相もありません。。。

結婚は鳥カゴのようなものだ。カゴの外の鳥は餌箱をついばみたくて中へ入りたがり、カゴの中の鳥は空を飛びたくて外へ出たがる。
by モンテーニュ

モンテーニュさんは、決して、男は鳥で、女は鳥カゴ、といいたいとは思いません。家庭と言うのが鳥カゴに似ているといっているだけです。男はその鳥カゴを作らされて維持費を運ぶように強制され、女は鳥カゴを飾り付けるだけ、なんてことも言ってません。もちろん、モンテーニュさんの時代には男女同権なんてありませんでしたから、今の時代がモンテーニュさんの時代よりもさらに男女同権で悲惨になった。。。なんてことは私は絶対に考えてはおりません。誤解しないで下さい。

前回のコメントと傾向が似ているワンパターンで、手抜きだという批判は当たりません。決して、女性を非難しているわけでも、女性の存在を嘆いているわけでもありません。これは、私たち男性に課せられた運命なのです。運命は甘んじて享受しなければいけません。人生には諦め、が必要です。仕事は諦める必要がありませんが。。。

今朝、妻に言われたのは「あなた何時に帰る?早く帰ってきてね。」でした。

それと同時に言われたのは、

「あなた、経費の請求は済んだの?済まないと今月は苦しいのよ?ちゃんと請求業務はキチンとしてね。仕事をしっかりして下さいね。」

でした。

私は、できるだけ早く家に帰って妻を満足させないといけません。と同時に仕事もしっかりしないといけません。これは、

生産性の向上を促進するQC運動の一環

なんだと思っています。。。_| ̄|○

スリランカの花 - 結局は男性が愚鈍だからである 

スリランカの花 - なんでしょ?
女性はどこから見ても低劣であり、女性固有の領域においても全くの無能力であるにもかかわらず、いぜんとして女性がハバをきかしているのは、結局は男性が愚鈍だからである。
by モンテルラン

私が言っているのではありません。モンテルランさんが言っています。女性の皆さん、私に八つ当たりしないで下さい。私はこんなことを絶対に思ってはおりません。絶対に。

私が女より男を好きなのは、彼らが男であるからではない。彼らが女でないからである。
by クリスティーナ

これも、私が言っているのではありません。クリスティーナさんが言っています。女性の皆さん、私に八つ当たりしないで下さい。私はこんなことを絶対に思ってはおりません。絶対に。同性からも言われてら、なんて絶対に思ってはおりません。誤解なきように。

もう一日くらい待ったなら、自分の婚約者よりももっと好みに合った理想的な女性が見つかるかもしれないという気持ち。どんな男でもこうした気持ちを抱いているものだ。
by サーバー

これまた、私が言っているのではありません。サーバーさんが言っています。女性の皆さん、私に八つ当たりしないで下さい。私はこんなことを絶対に思ってはおりません。絶対に。「どんな男でもこうした気持ちを抱いているものだ」って、私は例外です。誤解なきように。

分別のある男は女を軽く扱い、一緒に冗談を言い、歌うだけである。重大な事については女に相談する事も任せることも決してしない。
by チェスターフィールド

またまた、私が言っているのではありません。チェスターフィールドさんが言っています。女性の皆さん、私に八つ当たりしないで下さい。私はこんなことを絶対に思ってはおりません。絶対に。私は「分別のある男」ではありません。「重大な事について、女性に積極的に相談」致します。

コメントがワンパターンで、手抜きだという批判は当たりません。私は、責任回避をしているわけでもありません。ただ、世界の識者が言っているけれども、私は無実だ!ということがいいたいだけです。そういう言葉ばかり意図的に集めたわけではありません。偶然の産物です。

スリランカの花 - 女の世界全体をいい加減に判断している 

スリランカの花 - 蘭3
男は自分の知っているたった一人の女、つまり自分の妻を通して、女の世界全体をいい加減に判断している。
by パール・バック

ガーン!そ、そうだったのか?私のカミさん世界=女性世界ではなかったのか?こ!これは目からウロコだ!わかりました!カミさん、スミマセン!あなたの女性世界だけで充分です。。

男というものはつねに女の友であることは決してありません。他に愛する女を持っているときは別ですが。
by リュー

ガーン!って、私がガーン!ではないですね。男性が友となっている女性がガーン!となるのですね?みなさん、いかが?そういえば、ウチのプレイボーイの香港スタッフが、言ってました。その言葉とは、

I am always honest for all girls except my girl friends.
by Nick

ニックというウチのスタッフのお言葉。「僕はいつも女の子には正直、僕のガールフレンドを除いてね。」ということでした。え?みもふたもないって?

男は建設すべきものも、破壊すべきものもなくなると、非常に不幸を感じるものである。
by アラン

そうそう、いつも私は、「天国には絶対行かない!行くべきところは地獄です!」とカミさんに言ってます。だって、天国に行ったら、私たちエンジニア・技術者・コンサルタントは何すりゃいいの?地獄でしたら、熱くて、湿気ていて、改善すべきところはたくさんあります。まずは、空調しないとね。エネルギー源は、火山がいっぱいありそうですから充分です。

男にとっては今日一日だけの浮気心にすぎないものに、女はその一生を賭ける。
by モーリアック

こ、怖いですねえ。男性の皆さん、火遊びのつもりでちょっとしてみただけ、ってのは止めましょうねえ。相手は一生を考えていますよ。

スリランカの花 - 一緒にいる時間をなるべく少なくすることさ 

スリランカの花 - 蘭2
夫婦が長続きする秘訣だって?それは、一緒にいる時間をなるべく少なくすることさ。
by ポール・ニューマン

ポール・ニューマンさん、そりゃあね、あんたは薄情だから女房と離れていられるし、金もあるから、女房も離れていても文句は言わないでしょう。だからね、悩みの種は、「一緒にいる時間をなるべく少なくする」にはどうしたらいいか?と、「一緒にいる時間をなるべく少なく」しても、相手にハッピー!と思わせるにはどうしたらいいかですよ。あんただからうまく行くってわけで。アカデミー賞俳優は金も地位もあるからねえ。。。

よい結婚はあるけれども、楽しい結婚はめったにない。
by ラ・ロシュフコー

ラ・ロシュフコーの言葉は気に入ってます。私が言いそうなことを言ってますので。継続して楽しい結婚、ってのはあまりないのでしょうが、安定していて壊れそうにない結婚ってのがいいのでしょうな。男性にとっては。え?女性?わからないなあ。

楽しい結婚はめったにないけれども、女性にとって無責任に楽しめる結婚は男性次第だ!
by FRANK LLOYD

カミさんが言ってますが、世界で一番素晴らしい商売は家庭の主婦だそうです。無責任に亭主の商売を批評できるし、大統領でも首相でも、オモテづらは権力機構の頂点ですが、裏に回れば、頂点はカミさん。。。シクシク。。。

結婚とはセルフサービスの食事のようなものだ。

自分の欲しい料理を選んだ後で、隣りの人たちのお皿の中身を見る。

そして、どうして自分は彼らと同じ物を選ばなかったのだろうと自問するのである。

by J・ドラークル

ビュッフェみたいなもんですか、結婚って。。。隣りの田んぼはよく見えるって?それだから、不倫なんてえもんも、古今東西、将来に渡って絶えないのでしょうね。

結婚するとは、彼の権利を半分にして、義務を二倍にすることである。
by ショーペンハウアー

絶句。。。真実をつきすぎて、言葉もありません。

結婚するとは、彼女の権利を極大にして、義務という定義を抹殺することである。
by FRANK LLOYD

文句ある人いますか?

む、むなしい。。。

スリランカの花 - 愛人として長続きがしない 

スリランカの花 - 蘭1
スリランカは美しいですが、毒のあるもあるようです。
ユーモアのセンスも充分でなく、愛を交わすだけで話ができない女では、愛人として長続きがしない
by 塩野七生

この言葉、本当はクレオパトラとシーザーのことを述べた、ローマ人の物語11の中の記述を変えてしまいましたが。。。

ユーモアのセンスも充分でなく、愛を交わすだけで話ができない男でも、金と地位があれば愛人として長続きする
by FRANK LLOYD

となるのかな?

(女を通して何か事がなったとき)女とは、理(ことわり)によったのではなく、自分の女としての魅力によったと信じるほうを好む人種なのである
by 塩野七生

というのを、

(男を通して何か事がなったとき)男とは、自分の男としての魅力によったのではなく、理(ことわり)によったと信じるほうを好む人種なのである
by FRANK LLOYD

とは必ずしも言えないのかもしれません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。